紫外線にご注意! Lesson 133

ここでは、「紫外線にご注意! Lesson 133」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一足早い夏休みでソウルに行っていた管理人です。
その話題は後日ゆっくりとして、帰国したとたん、Kissを入手に走りました。
成田も羽田でも、売ってそうな店をしっかり把握している自分ってどんな?と思いつつ無事ゲットできて、にんまりです。

ソウルの太陽も東京に劣らずパワフルで、買い物やホテルのプールでUVカットが間に合わずうっすらと日焼けしてしまいましたが、千秋も脳内に紫外線を浴びまくっていたようですね。

最終章の第二主題が流れるような今回、今更感想もねぇ、と思いつつ綴ってみると毎度の長文。例によって妄想大盛りでつゆだくですが、ご興味のある方は続きからどうぞ。


最後に伝えたいこと。
うぁ!のだめから挑発的なメッセージが。それも扉ではなくて、雑誌の表紙ですよ、お嬢さん。(笑)見たことがないほど真剣な表情ののだめは、瞳を見開き、口角を下げ気味にぐっと力が入っています。新しいステージに踏み出す所なのでしょうか。最後に伝えたいのは、のだめの音楽なのかと想像している管理人です。

「楽しいお絵かきの時間デス」
打って変わって作品の表紙は水玉ドレスと靴下で子供達とお絵かきに興じるのだめ。いかにもな赤いクルマやピンクのウサギに混じって、怖い系のお絵かきをしているカトリーヌちゃんですが、よく見るとのだめですね。確かに時々白目向いているし、似てるかも。(笑)カラフルなチェアに座ってとても楽しそうなのだめにですが、これが現在ののだめの意識なのかなという気がします。

トンネルを越えるとなんの国?
一方でブラジルまでの長いフライトを耐えた千秋は、セクシーなビーチに到着。案内の人は千秋のむっつりスケベさや、実は巨乳好きを知る機会もなく、苦手な海から即退却。一方で硬派だった筈のサックス奏者はすっかり陽気に。顔を真っ赤に日焼けして、脳内にも?紫外線を浴びて性格まで変わるとは恐るべし、ブラジルの太陽。

ブラジルに行ったことはありませんが、ブラジルの広告代理店のプレゼンを受けたり、ブラジル人(日系、ミックス系)と仕事したり、ブラジルで恋に落ちたアメリカ人のおじ様(ゲイ)の熱い語りなどを総合すると、情熱の国であることは間違いない様です。

ブラジルの水着は生地の分量が少ないことで有名なので、あのミニマムな水着はオーバーではなさそう。ちなみに下着もTバックが基本らしく、包み込み系の下着は売れないと聞いています。CM界でも、ブラジルのはユニークでユーモアが効いているとして有名でしたよ。こんな場所でなら千秋も変われるかも?!

頑なな千秋

黒木くんの早打ちメールの宛先はやはり千秋でした。「帰ってきてるよ」という千秋へのため口と、「元気そうです」と人の彼女に遠慮した口調が黒木くんだな~♪とピンポイント萌え。動画も送るとは、なかなかやりますね。

楽しそうに子供に弾いて聞かせるのだめの姿を見て、本当の幸せはプロを目指す茨の道より、あのまま楽しく音楽をやらせたが良かったのではないかと責任を感じる千秋。気持ちは分かるけど、のだめの自己責任ですから、そこんとこ混ぜないでと老婆心。

カナリヤを見てアヒルを想う
サクソフォンのジミーはヴァイオリンのカナリアちゃんと上手く行っている様子。突然の結婚宣言に驚きつつ、千秋まで感化されたようです。ミヨーのスカラムーシュは試聴でしか聞いていませんが、確かに第三楽章は賑やかで踊り出したくなるようなリズムでした。

そんな音楽に背中を押された様に結婚を決意しますが、こういうことはノリや勢いも大事ですからね。^^でも、自分が改めて申し込むと言うより、プロポーズを受けるという消極的な姿勢に千秋らしさを見た気がします。変態の森に足を踏み入れた以上、毒を食らわば皿まで、じゃなかった死なばもろとも、とジョン・ドナデューも言ってましたっけ。(笑)

もう一つの夢

一方パリでは、コンクールの練習に忙しい黒木とターニャが見守る中、プチ保育園を開業中ののだめ。学校に戻るチャンスから背を向けている様子です。黒木くんは以前、のだめの目標は幼稚園の先生だと聞いていたので、ピンと来てしまいました。あの時は、のだめの主張に対し、「音楽がもっとうまくなればもっと楽しいんじゃないか」という黒木くんの意見にのだめが頷いて、千秋とハリセンの懐柔作戦もあり真剣に勉強する様になった訳なのですが、あれからのだめは本質的に変わっていなかったのかも。

その視点で考えると、のだめの長期目標はあくまでも幼稚園の先生など、音楽の楽しさを職業にすることで、千秋とのコンチェルトは短期目標と言うか、ここまで言ったら戻ろうというポイントだったのなと思います。それが、千秋とではなくミルヒと一世一代の演奏をしてしまい、ここで降りて良いのか迷ってしまった気がします。子供と遊んでいるのは、コンヴァトから逃げているというよりは、もう一方の夢で生きて行けるか考えていたのかもしれませんね。

のだめのこれから
あくまでも管理人の解釈ですが、うまくなればもっと楽しくなるはずだと思っていたのに、進めば進むほどどんどん苦しくなったのでしょう。周りのみんな(特に千秋)は脇目もふらずプロの音楽家を目指して努力を続け、才能と結果で容赦なくふるいにかけられるなか、悩みを相談することも出来ず、広がる違和感。学校にいる間は結論を出さなくても、タイムリミットが近づくにつれどうすべきか考えなくてはならない。のだめはまだ、自分の音楽の情熱と才能を見定められていない気がします。オクレール先生が言っていたように、周りは助けてあげることは出来ず、自分で腹を決めなければならない時期にあるのでしょう。本当のピアニストを目指すのか、音楽を楽しんで生きて行くのか。

千秋はきっとブラジルのコンサートで一皮むけて帰ってくるのでしょう。その頃のだめは何らかの結論を出しているのでしょうか?開けてしまったパンドラの箱のように、完全に元に戻ることは無いと思いますが、のだめがどうやって音楽を続けるかさえ決まれば、惹かれ合う気持ちにあった関係が築けると思います。

今回の千秋は結婚という選択肢を持って会いに行くのでしょうが、的外れになりませんように。。


今回の突っ込みどころ

さすがにLessonナンバーは間違いありませんでしたが、「珍らしい」は送りがな間違いですよね?大事なことなので二回書いているのに、どちらも間違い。。自分の間違いは棚に上げて、人の間違いだけは気がつく管理人ですが、ここは編集さんが気がつかないと。きっと書き文字だから直すのが間に合わなかったのだと想像します。

今回の黒木くん
携帯メールの文面だけで小躍りしていた管理人、パリ初期に戻ったようなチェックのシャツと常に冷や汗をかいた頬で登場してもらい喜んでおります。のだめが幼稚園の先生を目指していたことを思い出したコマの青っぽさが(トーンですが)良いです♪コンクールも頑張って欲しいけど、のだめの悩みを理解してくれてるってだけで嬉しい。

ところで登場した当時、片思いの当て馬キャラと思われていた(泣;)黒木くんの伏線がこんなところで活きるとは。所長の構成の見事さというか、気の長さというか。。横にいるターニャは、片思いにはけりがついたことを示しているのだと思うので、今後は千秋とのだめの共通の友人としてもう少し絡んで欲しいなと思います。

そんなこんなで、早くも次号が楽しみな管理人です!
コメント
この記事へのコメント
あみーゆさん、こんばんは!

>海恐怖症を知らないガイドさんに「変態」呼ばわりされる事がツボでした♪
ホントですよね!思わず千秋に変わって「いやいや、実は普通にむっつりさんなんですよ」と言い訳したくなりました。^^

のだめの将来は幼稚園の先生ではないと思う、に私も3ヤキトリです。黒木くんの任務も完了だと思いますが、責任を感じることでもう少し二人に絡めるなら是非希望したいです。(笑)

>今度再会だそうで、結果楽しみですね。
プロポーズを受けるタイミングは遅すぎですが、父を受け入れる前は結婚そのものに不信感があっただろうし。。一方のだめは何段階も進んでますから、あの夜に戻って受け入れるって訳にも行かない気がしますよね。再会した二人には一波乱はありそうな雲行きですが、最後はハッピーにまとまることを期待しつつ続きが楽しみです♪
2009/08/13(木) 22:58 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
こんにちは~~
私は千秋がブラジルに着いてすぐ、ビーチを案内すると言って肩にかけてきた手を振りほどいて「早くホテルに連れて行け」「海なんて見たくない」って怒ってて彼の海恐怖症を知らないガイドさんに「変態」呼ばわりされる事がツボでした♪

いやぁ~~黒木君、のだめに片思いしてて、パリ編にも出て来てどういう意味があるのかと思ったら。

幼稚園の先生を目標にしてる人が上を目指すのは変ですよね。
のセリフを今に生かす伏線の役割をさせるためだったんですね。。

いやぁ~~これでもし「幼稚園の先生になります」
なんて言ったら責任感じちゃうかもしれないですね。

2人の子供を連れてきた為ですから^^;

まぁ、幼稚園の先生になるなんて結果にならないと思いますが・・・

千秋、あのプロポーズを受ける決意をするって。。
のだめのなかでもう終わってることなのに。
しかも、避けられてたっていうのに~~
今度再会だそうで、結果楽しみですね。

まぁ、すんなり行かないことは確かだと思いますが(ぼへー!的外れ!!って言われる等)

2009/08/13(木) 13:20 | URL | あみーゆ #2QW/qbDE[ 編集]
はーもに♪様

演奏会、大成功に終わりおめでとうございます!プロオケにソリストでバッハなんて素敵です~。お疲れ様でした!

ところで千秋もアシスタントではへなへなでも、自分が指揮するとなると本領を発揮するのはさすがでしたね。きっとこれで第三楽章のサンバのリズムも更に熱気が上がることでしょう!

千秋姫って、ぷぷ、似合いすぎ。のだめの方が白馬の騎士で…。(なにか妄想中)それにしても、今までは頑なに自分の欠点や、父の放置振りを受け入れられなかった千秋も大人になりましたね!のだめとも欠点や弱さを支え合う関係を築いて欲しいものです。的外れと変態っぷりはデフォで残りそうですが。(笑)

のだめの音楽の道ははーもに♪様が言われるとおり、いかにもエリート的な王道ではなさそう。ただ、他にどんなチョイスがあるのか想像がつきません。子供歓迎の演奏会とか、目覚ましクラシックinパリ??

池には転落するし、ノックで窓を割るのだめの保母振りは確かに危険かも。千秋にも俺の子供は絶対預けんって言われてましたっけ。(笑)黒木くんのフォロー「音楽やってくれるから」の通り、メインはピアノと楽しい音楽教育と思いたいですよね。^^

バカンス気分が味わえるかは分かりませんが、落ち着いたらソウル日記も書きますね♪


2009/08/13(木) 10:51 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
ろめいん様、お帰りなさい。
ソウルですか!また旅日記、お待ちしています。
私は夏休みどころか、昨日も昼食を取り損ねたので(またかい…)、せめてろめいん様のブログでバカンス気分を味わいたい…

そんなこんなで(どんな?)22巻もまだ読めてないのですが、本誌は読みましたよ♪(番外編は立ち読みで読みました^_^;)

黒木くんのメールを受け取った時、千秋はもうブラジルに行っていたのですね。

千秋、心はのだめのことでいっぱいでも、仕事はちゃんと切り替えて、黒羽飛ばしながら後光のさす指揮をしていたようで安心しました。

プロポーズを受ける…って!w(やっぱり千秋は王子というより、姫)と思いましたが、のだめの「逃げ」(弱さ)も、そのまま受け止める覚悟ができた、それだけ大人になった、ってことなんでしょうね。
これでやっと、のだめちゃんを嫁にやってもいいかな、と。w
ま、「的外れ」は様式美だそうですから、多くの人の期待どおり踏襲するのでしょうがww

のだめも、今、自分の道を模索中なんだろうな、と思います。
きっとRuiや千秋とは違う、いかにも彼女らしいプロになる、そんな「覚悟」を自分で決めてくれると信じてます。

シッター…って、基本的にマンツーマンじゃないのかしら?
保育園や幼稚園等の閉じられた空間なら、一人の先生が多くの子どもをみることも可能だけれど、かってにどこか行っちゃう子とかケンカとか…なかなかキケンですよ。
私も2人の子の親だけど、良く知りもしない学生、それも1人で何人も子どもを預かっているような所にわが子を預けようとは思わないけどね…(苦笑)

でももう、いよいよ終わりが見えてきた感じですね。
次号が楽しみです♪

そうそう、ウチの合唱団の演奏会もようやく終わりました(たぶん大成功)。
良いオケと良いソリスト(オケもソリストもプロだし、みなさん長い付き合いなので親しみもあって)、良い雰囲気で大好きなバッハを歌えて大満足です♪
さ、来年のヨハネに向けて、また頑張らなくちゃ♪♪

ではでは、また!
2009/08/13(木) 07:45 | URL | はーもに♪ #CFBCjnlI[ 編集]
abmieさん、早速コメントありがとうございました!

毎度長いだけで、まったく参考にならない感想だというのに、待って頂いてたなんて、嬉しいです。(*´∀`*)

のだめの本心は伺い知れませんが、楽しそうに子供と遊ぶ姿が、なんとなく切なかったですよね。

そして、ハッピーエンドはファン共通の願い!千秋との仲は心配していませんが、人生を一緒に歩むならもう少しコミュニケーションを取れるようにして欲しいものです。

そして、のだめの幸せに音楽は絶対に必要なので、そこをどうやって着地するのかが最後の山。早く知りたいけど、終わってしまうのは寂しいので、複雑な心境です。二人が対峙するだろう次回をどきどきしながら楽しみにしています。

abmieさんもソウルに行かれるとは!例によって参考にならない記事ですが、落ち着いたらアップしますね。^^
2009/08/13(木) 00:22 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
お帰りなさい。ご無沙汰しています。
私も 来月 ソウルに行くので、またお話くださいね。

感想 まっていました。
今回、読み終わった時に「せつない」気持ちになりました。
コミックも同時発売で・・
オクレール先生が印象に残りました。
そして「のダメ」は、千秋ではなく違う人と行って
しまったんですものね

「のダメ」はどう決断するのかしら・・
次回は2人がちゃんと向き合うのかな?

楽しみです。私はやっぱりハッピーエンド希望です。
2009/08/12(水) 21:09 | URL | abmie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/280-b9d4bcde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。