や…られました!のだめアンコールオペラ編AKT:1

ここでは、「や…られました!のだめアンコールオペラ編AKT:1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレファンの皆様、こんばんは~。

続編が楽しみで発売日を指折り数えていた管理人です。発売日周りは超ハードスケジュールで、夜まで予定がぎっしりだったのですが、本誌だけは発売日朝一にゲットできました。会社では読む間もないので、同僚に見つからないように通勤電車の中でこっそり開いたのですが、機嫌良く読み始めたのもつかの間、衝撃の展開に頭が真っ白に。。

予想外でも、嫌でもなかったのですが、感想を書く気力が湧いて来なかったというべきでしょうか。でも、ここでやられるとは。。さすがに所長は毎度斜め上を行きますね。はぁ~。

例の凱旋帰国にすっかりやられた管理人ですが、ようやく気が落ち着いたので感想行ってみます。
毎度のことながら、激しく偏っており、妄想たっぷりです。細かいあらすじをお探しの方には、申し訳ございませんが、期待に応えられません。(^^;

それでも宜しい方のみ、つづきからどうぞ。
今回のKissはアンコール祭り
Kiss24号は、雑誌をあげての、のだめカンタービレアンコール祭りと言った趣でした。連載終了すぐにコミックス完結編が発売になり、映画の封切りは目前でもあり、年明けにはアニメも始まるというラインアップですから、自ずと力も入るのでしょう。

表紙はローズカラーのドレスでご挨拶をするのだめ。ピアノの前で高揚した感じはリサイタルが無事終わった後なのでしょうか。のだめはピアニストへの道を無事歩み出したようなので、やはりオペラ編は千秋カンタービレなのか?そうするとオケはマルレ?R☆S?それとも新しいオケ?と期待が高鳴ります。

Kissのプレゼント企画は太っ腹のコミックス全23巻をはじめ、調理器具からバッグまでと幅広い品揃え。その裏は映画のPRと、コミックスとのタイアップ企画で、賞品はレア待ち受けとのだめグッズ。表紙の裏以外は最初から38ページ目まで全てのだめ関連で、付録にはポストカードカレンダーまでついています。書き下ろしはありませんでしたが、連載のカラー扉のポストカードは、嬉しいですよね。K談社のショールームでは映画の写真展もやっているそうで、毎年年末はのだめ祭りが季節の行事になりつつあります。

華麗なオペラの幕開け
そんな感じで盛り上がるなか、アンコール連載はどう始まるのか興味津々です。水彩っぽい塗りの扉はのだめと千秋、峰と真澄ちゃん?が気球に乗って浮かんだファンタジックなイラスト。千秋は当然不機嫌そうですが、高所恐怖症で固まっているのかも。(笑)

ページをめくると、いきなりそこはオペラの舞台。ミラノのスカラ座というよりは、パリのオペラ座(ガルニエ宮)の様に見えますが、絢爛豪華な舞台の上で繰り広げられる華やかな歌と芝居。のだめが眼を見開いて入り込んでいる様子が良いですね。

一方オケピットで指揮をするヴィエラ先生、舞台裏で支えるスタッフ達の対比が自然です。スムーズに楽屋裏で手伝う千秋に焦点が移り、早くオペラを振る機会が欲しいと願う切実さが伝わります。

そんな訳で、峰(笑)からの電話があり飛びついてしまった千秋。R☆Sが依頼されるオペラってどんなものか推してしるべしなのでしょうが、詳細は乞うご期待と言ったところ。

物語の基本線が決まったところで、のだめが登場。大鍋で料理を仕込む千秋とか、歯磨きしているのだめの様子で同棲再開は間違いなさそうですが、アパルトマンに戻ってきたということなのでしょうか?あのワンルームでは狭いですもんね?

くせ者揃いのオーディション
歌のオーディション会場には曰くありげなメンバーが集まっている感じですが、一番怪しいのは峰。演出って、張り切ってますが、峰のセンスだと超危ない感じですよね。またもや「やるならここだ!」と期待に応えてくれるのでしょうか。

そして、なんと主役のパミーナはぶー子こと菅沼。彩子ちゃんはさすがに出てこない気がしますが、菅沼や、声楽の先生の再登場に所長の脇役への愛情を感じます~。それにしても、歌劇団の主宰って、菅沼お金持ち~!

そうこうしているうちに、お約束?の謎の美女杏奈登場。恋敵キャラか?千秋のウィーンでの幼なじみの線が濃厚ですが、詳しくは今後のお楽しみ。とにかく、実力のあるコロラトゥーラ・ソプラノを一人確保です。どうでもよいことですが、夜の女王の候補者NO.2はどこかで見た事があるような気がしました。現ファーストレディーにうっすらと似てません?ほら、もと宝塚歌劇団で夢見がちの奥様。(笑)

他にもいろんな人が集まっている様子に、マルレのオーディションを思い出します。高年齢の人も混ざってるのが、市民オペラらしくて面白そうです。袖だけヴァイオリンの再来の様な、ガッチャマンなパパゲーノとパパゲーナには大いに受けました。こういうセンス、好きです♪峰なら舞台のコスチュームに採用しそうですよね。

そんな感じで、必ずしも実力は揃っていないだろうに、千秋は前向きですね。R☆Sやマルレだと思えば怖くないのかも。鬼コーチ復活の予感です。

セレブのだめの凱旋?帰国

のだめもなんとかコンセルヴァトアールを卒業出来たようで良かったですね。日本で仕事も入って3年ぶり?の帰国なら、気分としては錦を飾る意欲満々。セレブにはまだ早いですが、そんな勘違いものだめらしくて笑えます。

最も自慢したいのは、やはり千秋の彼女認定だったようですが、そう上手くいくのだろうか?桃ヶ丘音大に凱旋し、R☆Sのメンバーに激震が走ったようですが、その震源地は…。

やられたぁ!黒木泰則まさかの凱旋

男子メンバーだけが大受けしているという時点で気づくべきでした。R☆Sではのだめは知られて無いし、千秋に彼女発覚なら女子が反応しますから。。そんな訳で男子の夢?をかなえた黒木の金髪碧眼彼女としてターニャが認定・お披露目されてしまったわけです。

黒木ひいきの管理人としては、複雑な気分で上手く説明できないのですが。ターニャとくっつくことは覚悟していてもここまで派手やられて絶句というか。あんなにドアップで照れた顔を見せられて、二の句が継げないというか…。でも、過程を見せられるよりは使用後で見せられる方がマシというか…。チェックのシャツと星柄のタンクトップじゃお互い進歩無いじゃないかとか…。こんな日が来るのは分かってはいたのです、それにしてもね。(^^;;;

まぁ、黒木くんが幸せなら、それで良しとしましょう。(棒読み)オペラ編に黒木くんは出ないのかと思っていたので、見られるのは嬉しいんですが。。ターニャつきかぁ。ちぇっ。(黒)

そして…

濃ゆーい歌のメンバーが集まっての幕開けです。仲間割れとか、特訓とか、峰の素敵なセンスとか、いろいろ波乱がありそうで楽しみですね~。

なんと言ってもオペラは総合芸術。バランスも大事だし、お金もかかる。夏休みの期間限定ですから、短期で濃厚な展開が期待されます。

そして、そして

まだ心が若干痛い管理人ではありますが、オペラ編の続きは楽しみです。また千秋カンタービレな感じで、新しいメンバーを含めたみんなの成長物語になるのだろうと期待しています。

ラブな展開は…。どうなんでしょう?みんな収まっちゃいましたが、ラブコメっぽいスパイスはありそうな雰囲気ではあります。やっぱり沙悟浄とかでしょうか。(笑)それとも高橋くん対のだめとか。(爆)
いやいや、イロモノじゃない恋愛もあると期待しましょう。

黒木くんには、オケでオーボエを吹いてるところの出演だけを希望したい所です。あと、千秋との音楽ネタな会話くらいかな。(苦笑)

次のクリスマス発売の本誌も楽しみにしています♪

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss, オーボエ,

コメント
この記事へのコメント
あみーゆ様

いらっしゃいませ!いよいよオペラ編が開幕しましたね☆

管理人は黒いので、菅沼も今は大人しくしているけど、これから我が侭放題になるのではないかと期待(笑)しています。新設の歌劇団ですから、千秋のネームバリューでオーディションに人を集めるのも狙いだろうし。彩子ちゃんとは役争いのライバル立った上に、ダイエットに一瞬成功したのは山本くんのためだし、その彼は彩子が気に入ってましたからね。ドラベッラを演じるときに彩子の真似したんだ~と言ってたので、千秋との関係もよく分かっていたのでは?いずれにせよ、侮れないキャラだと思います。

> 新キャラの杏奈は・・・ウイーン時代の友達とかそれくらいでしょうね、元カノだったら千秋、のだめ連れてくる時焦るだろうから。
そうそう。焦ってたのは杏奈の方でしたから。昔太ってたとか?と思いましたが菅沼と被るパターンは無いか。ほくろでしか分からないほど、小さい時のGFに2ヤキトリ。

> 黒木君、やってくれましたね^^;
> まさか本当にくっついたなんて。
まさかというか、やっぱりというか…、複雑です。
すっぴんターニャとかならもうちょっと…、いや、関係ないですね。

いろいろありますが、先が楽しみなオペラ編でした♪
2009/12/15(火) 09:07 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
始まりましたね~~
オペラが始まるってことは彩子、出てくるかな?と思いましたが、まさか菅沼沙也が出てくるとは・・・

彼女、彩子ちゃんの親友だったなんて言ってましたが彩子が酒飲みながら千秋に「ブー子」とか愚痴ってたの知らないですね(笑)

新キャラの杏奈は・・・ウイーン時代の友達とかそれくらいでしょうね、元カノだったら千秋、のだめ連れてくる時焦るだろうから。

黒木君、やってくれましたね^^;
まさか本当にくっついたなんて。

これからどんな付き合いになるんでしょう、彼らも見て見たいです。
2009/12/15(火) 00:52 | URL | あみーゆ #2QW/qbDE[ 編集]
はも♪様

コメントありがとうございます。
映画やらアンコールやら、のだめ好きには楽しい年末です♪

> 黒木君、世の男子ズの夢を叶えちゃったんですねv-19
…やっぱり金髪青い眼っては夢なんですかね?R☆S男子の過剰反応を見て、「そこかい!」って突っ込みたくてたまりません。

> σ(;_q)ヾ(・ω・; ) ヨシヨシ…
慰めありがとうございます。ぐっすん…。

> 冒頭のオペラは「椿姫」でしょうかね?
> 「まだ、本当の恋を知らないからそう思うv-254」との歌詞にドキリとしてしまいました…
私も椿姫かな?と思ったのですが、「乾杯の歌」の歌詞とは違うようで調べがつきませんでした。
まん丸お目々ののだめがそれを聞いていることに、まだ「大人の恋愛」ではないこと強調している気がします。主人公カップルは不動だとは思いますが、揺さぶりくらいはあるのかもしれませんね。

> でも、唐突に出てきた「大川へ帰れ」って千秋のセリフを見たとき、のだめと千秋もついに大川へ行くことになるかもしれないな、って予感がしましたよv-33
征子さんあたりに言われて、ご挨拶にも行かされそうですね。あちらでは既に息子認定ですから、生真面目に行ったらその場で祝言を挙げさせられそう。(^^;

オケメンバーもまっつおな感じの、個性的な声楽メンバーが楽しみですね。
峰がそれを引き立てるのか、かき回すのか楽しみです。^^
2009/12/14(月) 00:28 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
さすがに師走だけあって、忙しいですよね。^_^;
私もやっと映画の前売りチケットとともにKissをゲトしてきました。
カレンダー、思ってたよりずっとステキで嬉しい♪

黒木君、日本人男子の夢を叶えちゃったんですねv-19
σ(;_q)ヾ(・ω・; ) ヨシヨシ…


冒頭のオペラは「椿姫」でしょうかね?
「まだ、本当の恋を知らないからそう思うv-254」との歌詞にドキリとしてしまいました…
色物でない恋愛も出てくるのかしらん…ドキドキv-238
杏奈はろめいん様のおっしゃるとおり、のだめのライバルと気をもませて、実は幼馴染が親戚の子、千秋意外の男性と恋愛中、なんてのが落としどころな気がします。

でも、唐突に出てきた「大川へ帰れ」って千秋のセリフを見たとき、のだめと千秋もついに大川へ行くことになるかもしれないな、って予感がしましたよv-33

でも、なんと言っても本筋はオペラ。
あの濃いキャスティングのオペラを峰がどう演出するのか、楽しみですv-111

25日はすてきなクリスマスになりそうですv-255
2009/12/13(日) 23:06 | URL | はも #CFBCjnlI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/296-3fb4908b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。