またまたダウンをとられました…のだめアンコールオペラ編AKT:2

ここでは、「またまたダウンをとられました…のだめアンコールオペラ編AKT:2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスもいつの間にか過ぎ、Kissも発売になったというのに、更新が遅れすみません。本誌を読んだ常連のお客様はお気づきだと思いますが、管理人は今回もまた固まっておりました。

いそいそと手に入れた本誌を通勤電車でこっそり読んでいたのですが、思わず一駅乗り過ごしてしまったのは、ショックというより気が抜かれたというか。なんて言うんでしょう…、くろきん祭りでエネルギーが抜かれて、読後ライフがゼロ状態?(笑)

そんなあほな管理人ですが、明日はのだめ映画を見に行くので、気分を変えるためにも頑張ってレビュー行ってみたいと思います。

例によって偏った感想しかありませんが、OKな方のみ続きからどうぞ☆

番外編ではのだめと千秋は公認カップルに収まった割には、ラブを中心に据えず千秋のオペラ奮闘記になる気がしていた管理人です。二人で三善の家にいても、以前とは大きく変わらない雰囲気だろうし、オペラが無事終わるまでは大川に挨拶に行ったりはしないだろうと。ただ、代わり?に黒タニャがこれでもかという感じで、描かれているのがなめくじに塩でした。(^^;

扉はシュトラウスの「こうもり」ですが、誰だか分からない衣装の二人はのだめと菅沼でした。今回はぶーこカンタービレの予感がします。

さっそく始まっているのはR☆Sオケのリハ。創立メンバーで増強していることもあり、演奏は好調な様子。我らが黒木くんも爽やかにチェックのシャツ(笑)で演奏中。妻気取りのピアノ隊は置いといて、なぜか菊池くんまでいるのが嬉しいです。

菅沼最強!
声楽メンバーはまだまだ謎ですが、二枚目キャラの花巻くんも登場して、華を添えます。今回コンマスの高橋くんのタイプではなさそうなので、千秋はまだまだ油断ができません。歌唱がなんか変だと思ったら、大河内!またお前か。つまり一ヶ月の音楽稽古(歌唱指導)の時間をオーコーチが乱入して妙な癖をつけてしまったんですね。さぁ、大変。

やっと声楽メンバーとコミュニケーションを取り始めた千秋ですが、想定通り変なキャラ揃いな感じです。早速ほくろの杏奈ちゃんは元カノじゃなくて子供千秋の社交ダンスパートナーだと露見しましたが、真っ正面から聞く菅沼はさすがですよね~。なんと実力もあるらしく、今回の陰の主役かもしれません。のだめも、ライバル扱いしてますよね。千秋のタイプってのは違うと思いますが、彩子ちゃんより危険なのは間違い無し。杏奈ちゃんもこれで出番が終わりってこともなさそうですし、いろいろ眼が離せません。


本日のメインイベント

…と余裕で読み進んでいたのもつかの間、R☆Sご一行様はいつもの居酒屋うつぼ八に集結してすっかりできあがっていました。本日のメインイベントって格闘技か?と思ったら前座には大河内捕獲ショーがあったようです。

急に質問コーナーが始まり、「ひ、披露宴?!」と思ったらどちらかというと新婚さんいらっしゃい状態だったようですが。なれそめ公開で「ミュンヘンでいきなり」って、アナタ!黒木くんは必死に誤魔化してますが、自然じゃないことは200%確かですよね。ストイックな黒木くんはどこへ行ってしまったのでしょう。(遠い目)

黒木くんはドイツのコンクールで入賞、その後オケに入団というのは管理人も想像してました。もぎぎさんや宮本さんのキャリアもドイツでしたしね。でも、「で、どうするの?」って、遠恋経験者の清良に聞かれちゃ、正直に答えざるをえまえんよね。

ターニャがどう答えるかと興味津々にしていたら、なんとここで黒木くんが付いてきてくれ宣言!!で、「こんやくしゃあ?」(声ひっくり返り)お酒の力を借りずに言えないのか!とか、武士のくせに人前で!とか、でもフランス語に萌え!などいろんな気持ちが混ざり合い、なんだかなー、という管理人を置いてきぼりにしてクロキン祭りはまだ継続中。ダサ系男子が前回に引き続き祝ってるのに、苦笑を堪えつつ、ひょっとしたらターニャはまだ言えてないことがあるのかもしれません。期待してるわけじゃありませんが。(^^;;;

ところで、密かに携帯番号を交換している菊池くんは相変わらず良い仕事してました。彼には永遠に最低な男でいて欲しい気がします。(苦笑)


のだめ不調?

一方三善家の皆さんは平和のようです。せっかくのだめがリサイタルに向けて練習しているのに、なにか不調。菅沼にとりつかれているようですが、千秋はまだ気づかず。どうするのだめ?そして千秋。

のだめの最後には、1/9発売の次号に続くとありますが、Kiss全体の次号予告には出ていなかったのでどっちなんでしょう。オペラは前途多難ですが、我らが千秋くんの頑張りに期待しましょう☆

…黒タニャについては、否定的なことばかり書いているのは自分でも嫌なんです。。パリ編で少しずつ変わって行った黒木くんが、リセットされたようで違和感があるんですよね。ターニャもいろいろ苦労して柔らかくなった筈なのに、出会った当時の印象に戻った感じがして。二人がくっつくのはかなり前から覚悟してましたし、いたいけなターニャと天然っぽい黒木なら、もう少し自然に祝福できるのにな~。以上、管理人の溜息でした。

コメント
この記事へのコメント
あみーゆさん、こんばんは!

そうなんですよ~。今回は主役カップルの代わりに、イベント担当なのでしょうか。
いや、黒木くんが幸せになったのは良いんですけどね。
「押し出してターニャ関の勝ち」って感じなのでしょうか。はぁ。

> ターニャの「実は」って気になりますね。
ですよね?そこんとこ気にしているのは私だけじゃないですよね??
別になにか期待している訳じゃないですよ。(棒読み)

> 乗り換えるなんてこと無いのに、呪われちゃうし、こちらもひと波乱が起こるんでしょうかね。
こっちも面白いですね。そうそう、別に心配すること無いのにね。^^
こちらのラブは一山越えて、ラストで更に強固になるんだと思いますけどね。

> 後一ヶ月どうなるんだか、先が読めない~~~!!
これこそ二ノ宮さんクオリティですよね~。(笑)
これだけ伏線張って、どうやって回収するんでしょう?
先が楽しみです♪
2009/12/30(水) 01:41 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
こんにちは、黒木君、やってくれましたね。
あの、最終回のコンクールの後くっついたんですね、のだめと千秋がくっついたのだって千秋のパリでビュー。
成功した後って恋愛に素直になれるって事でしょうか^▽^

ターニャの「実は」って気になりますね。
人波乱の予感が。

のだめも暗雲が。
ブー子の音楽的な才能とボケ突っ込みで昔の自分達を思い出して千秋のタイプってe-263
乗り換えるなんてこと無いのに、呪われちゃうし、こちらもひと波乱が起こるんでしょうかね。
でも、三善家の家族の一員になってるところが良かったです。

後一ヶ月どうなるんだか、先が読めない~~~!!
2009/12/30(水) 00:49 | URL | あみーゆ #2QW/qbDE[ 編集]
はも様

クリスマスイベントなど、お疲れ様でした♪
いつのまにか今年もあと数日残すばかりになってしまいましたね。、

> いやぁ、黒木くんのフランス語でのプロポーズは衝撃でしたねv-50
衝撃ってか。武士はどこに…。「据え膳食わねば」のところでしょうか。。
「ラ」の歌はサッカー好きの二ノ宮さんらしい賑わしポイントだと思うのですが、それにしてもねぇ。はぁ。。

> それにターニャの「実は私…」、
なにかありそうですよね。だから、アレとコレはちゃんと分けて、二人の時に話をしろって言うんデスよ!(byのだめ)まぁ、自分のことになるとなかなか言えないものです。

> オペラ編はニュートラルに、コメディタッチで千秋の奮闘を描きつつ、底流に流れるのは、今度こそラブv-238かもしれません。
ずっとオペラを描いて、最後には主役カップルのラブが落ち着くのだと思いますが、新キャラや伏線を拡げまくってますから、オペラ編ももう少し続くかもしれませんね。永遠に終わらなくても良いけど。(笑)

> ではでは、映画の感想も楽しみにしていますよん♪
とても楽しかったです!感想はまた後日に~。
2009/12/28(月) 08:36 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
ろめいん様、お久しぶりです。
聖歌隊大忙しのクリスマスv-255も過ぎ、合唱団の歌い納めもし、ようやく今朝本屋に走ったはもです。

いやぁ、黒木くんのフランス語でのプロポーズは衝撃でしたねv-50
「乾杯の歌」とみせかけて実は「ラ」の歌(日本サッカーかい!)で男子ズに祝われてましたがw
でも、恋のかけひきより、即行動、ってところが、やっぱり純情だなって思いましたよ(^m^)
それにターニャの「実は私…」、
フランスでこれまでの努力が報われるような良い仕事の口がかかっているのでしょうか?
恋愛か仕事か、ターニャが悩む日がくるのかしらん…!?

>ラブを中心に据えず千秋のオペラ奮闘記になる気がしていた
前回も書きましたが、オペラ編冒頭の椿姫「乾杯の歌」
 「人生は快楽ですわ」
 「まだ本当の恋を知らないからそう思う」
を読んだとき、私はドキリとしたんですよ。
オペラ編はニュートラルに、コメディタッチで千秋の奮闘を描きつつ、底流に流れるのは、今度こそラブv-238かもしれません。

表面の華やかなラブ担当は黒木くんとターニャですが、水面下でのだめのラヴ的不安は暗雲立ち込めているようです…。

オペラ編のラストでは、千秋が大川へ「お嬢さんをください」と言いに行くことになりそうな気がしますv-254

それにしても、菅沼さんにロックオンとは、さすがにのだめは千秋の弱点(好み)を熟知していますねw

個人的には、前回オーディションの彼がのタミーノ王子で無かったことが残念。
濃~い「魔笛」が観られそうだったのにw

さてさて明日で年内のゴミ収集が最後だから、はやく草取りして朝出さなきゃ(汁)
ではでは、映画の感想も楽しみにしていますよん♪
2009/12/27(日) 15:46 | URL | はも #N2s76zxo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/298-a3bba4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。