みんなが主役だ!?オペラ編:AKT7

ここでは、「みんなが主役だ!?オペラ編:AKT7」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた放置しており、すみません(^^;
気まぐれ更新だというのに、覗きに来て下さった皆様、ありがとうございます♪

しばらく飛び飛びですが旅に出ており、週末はお仕事か、ぐったりかという状態。平日も色々な義理的イベントか、エンドレス残業という悲しい生活を送っておりました。

更に公私ともにオタク的生活のお陰で身体はなまっているのに、肉体訓練的合宿にまで参加させられまして、回復に時間がかかりました。筋肉痛的なものはすぐに直ったのでしたが、気力の方がね。。ある意味そっちの方が、危ない気がしますね。いかん、もっと遊びに出歩かなくては。

…という訳ですが、先週はやっと合間を見つけてのだめ映画の後編を二回目見て、リフレッシュ。そして某所での映画チャットで好き勝手な感想を言い合ってストレス解消できました。管理人の偏った趣味を受け入れてくれる方達は、本当に貴重です。ここはご覧になっていないかも知れませんが、おつきあい下さった皆さん、ありがとうございました!

今夜は久し振りに夜の予定がなかったので、感想を書くチャンスを逸したAKT7を今更ながらアップしますね♪
主人公は誰だ
最初の数回は??と思っていましたが、番外編ではだれか一人を主人公にせず、音楽の道を歩む人々の群像を描いているのだと思い至りました。学生時代は先を見誤ったり、力が及ばなかったり、疲れたり…はしてもレールは敷かれていますから、山積みの課題を背一杯こなしてゆくことがとりあえずの目的ですよね。

一方番外編ではみな音大や院を卒業しているし、市民オペラということで、R&Sの時よりも幅広いタイプの参加しています。裏を返せば、出演者は殆ど、音楽のプロとして食って行けない人たち。ここで一花咲かせれば、先に夢をつなぐことが可能かもしれませんが、真剣さが空回って個性がぶつかり合ってます。Sオケのように個性的で、R&Sのように才能のあるキャストが集まったとは言え、いろいろ危なっかしい歌劇団が、どんな舞台を見せてくれるのか楽しみです。

杏奈ちゃんって何者?
杏奈は、実力があって、美人で、性格も良くという、今まであまり登場しなかったタイプ。真澄ちゃんが恐れていたように、千秋狙いでもなさそうだし…とは言え天然なお人好しだけでもない。だれもが自分より輝いている様に見えて、殻に閉じこもっているのが痛々しいですよね。音楽家、特にソリストには良くも悪くも俺様気質が必要なので、この状態こそピンチなのは明らか。

真澄ちゃんGJ
お裁縫の腕もさすがですが、人を見抜く力もすごいですよね。むしろ、ティンパニーの場面ありましたっけ??杏奈をマークしつつも、応援してしまうあたり、さすがのだめのお姉ちゃん役です。

結納ではないけど披露宴
のだめの親族の濃さはすごいですよね。親だけでなく、いとこもすごい。ヨーコの風呂敷がのだめのと同じなのは芸が細かいです。三善のおじさんがなにげに先頭に立っているあたり、やっぱり千秋ママの弟、大物です。(笑)

ザラストロvsモノスタトス
大人の男ですよね~、ザラストロ。風格のある存在感が素敵!是非歌が聴きたいです。そして、対するはモノスタトス@スリラー。(爆)メイクだけでなく、踊りもすごいらしい。と、いうか峰の演出プランは変更なかったのね。実力があっても世の中にでることのできない人がどれだけいるか。おじさま方の頑張りに若者が考え込んでますが、エールだと思って精一杯やって欲しいものです。

杏奈に乞うご期待
立ち直ったきっかけはのだめコンサートでもなく、千秋の一言でもなく、みんなで作った音楽。マイケルなモノスタトスの開き直り、世界一の山下ザラストロさんの諦めない情熱、けっこう板についてきた鳥打ちのコメディな演技、そして、お団子が大きすぎる(そこかい)菅沼の音楽が殻を破ったみたいですね。最後のコマの杏奈こそが、本質なのかも。コロラトゥーラ・ソプラノといえば強気なイメージですが、今後の杏奈がどう変身するのかが、見物です。(笑)

のだめ@レア物と千秋@安売り中
映画の余韻を引き摺っているからなのか、のだめが成功者で、千秋が並ぶように頑張るという構図にはまだ慣れません。なんとなく似合わない(ぷぷぷ・・。
けえこさんの教え通り、押せば引くし、逃げれば追う千秋くん。さくらんぼのむふふふで、恋愛は話の中心にないけれど二人の関係は安定ということを説明しているのでしょう。

これからどうなる?
きっと舞台は成功するのだろうと、思いたい訳ですが。千秋のオペラに向けての第一歩ですし、みんなが一生懸命に取り組んでいる夢を実現して欲しいし。番外編は、主旋律的なストーリーにはどんでん返しはないと思っているので、成功して、チャンスを掴んでハッピーエンドというのが希望的予想です。

それでいて、サイドストーリーで地雷をいろいろ用意してくれてますので、ラブ関係も最後にネタがあるかもしれませんね。千秋はドサ周りだし、のだめはどこに在住するのかイマイチ不明だし。。黒木関係のサプライズはもう要らないんだけどな…。はぁ。

遅れ気味になるとは思いますが、これからも時間を見つけて更新したいと思ってますので、お暇な時にでも覗いて見て下さい。^^
コメント
この記事へのコメント
あみーゆさま、コメントありがとうございます♪

> 菅沼さんに意地悪されても怒らないなんて今までにない感じでしたね。
本当にそうですね!私ったらつい、杏奈も本性出すと性格悪いと予想してしまって。
作品のキャラがみんな一捻りあるから、つい杏奈も同じだと思い込んでしまいました。そんな管理人が、多分一番黒い。(笑)

> 大はしゃぎするとはさすがのだめの親族ですね、私はあの振袖の真世って言う子が気になります。
いとこさん、のだめに性格が似てますね~。海苔と一緒に売り込むおじさんも、のだめ父と同じような性格見たいですね。それにしても、恐るべき一族ですよね。

> のだめと千秋この後の展開どうなるんでしょう~v-7
> 何せ立場が逆転してますから(笑)
読者も慣れないですよね、急に逆転した関係は。(笑)
けえこさんの教え通り、引き気味にすると、ちゃんと追っかけてくるシンイチくんが可愛かったです。
本当に次回が楽しみですね♪
2010/06/20(日) 18:12 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
こんにちは、ロメインさん。
お忙しい中お疲れ様です^^

杏奈、のだめの話の中で異質な感じでした。
のだめの登場人物は変わり者か自己主張が強い人物ばかりですから。
菅沼さんに意地悪されても怒らないなんて今までにない感じでしたね。

のだめの家族、本当に凄いですね~~
娘があんな立派な人にお世話になってて初めて会って、
大はしゃぎするとはさすがのだめの親族ですね、私はあの振袖の真世って言う子が気になります。

のだめと千秋この後の展開どうなるんでしょう~v-7
何せ立場が逆転してますから(笑)
今までは千秋常任指揮者、プロの仲間入り、のだめただの学生、千秋に追いつけなくて悩んでた。

現在は千秋、大安売り指揮者、のだめ一流ピアニスト希少価値で高く売りつける。。。

がつがつしなきゃのだめに追い越せないっていう千秋に対して「今日くらいがつがつしなくても~~」と千秋に完全に先越されて千秋を避けてたのを思い出したのか冷や汗かきながら話してたのがツボでしたv-219

後3回あるそうですがどうなるんでしょうね~~
2010/06/20(日) 17:25 | URL | あみーゆ #2QW/qbDE[ 編集]
はも様、いらっしゃいませ♪

いつ更新するか管理人も(笑;)分からないブログだと言うのに、いつもコメント頂きありがとうございます!

ダメージが大きいのは、最近不健康・不摂生の生活のせいだと思うんですよ。その気になれば、2,3駅は平気で歩くのは平気なんですけどね…。余所の街を楽しむように、もっと近場を探検しなくては!と強く思います。

はも様も映画3回ですか~。もう一回行きたいんですが、近くの映画館は今週で、公開が終わってしまうんです。残念!

> 欧米では、日本人は蝶々夫人ぐらいしかオーディションも受けさせて貰えないと聞いたことがあります。
オペラでは、ルックス的に厳しいですよね。以前フォルクスオーパーでオペラを見たときに、主役級ではなかったですがキャストに日本の方が2名いて、つい応援してしまいました。せっかく留学しても、卒業した後に本場で仕事をもらうのはハードルが高いですからね。杏奈が吹っ切れたとたんに性格が悪くなるという黒予想中。

>のだめと千秋は、
主役の二人の仲は不動ということで、お互い待っていることをきちんと伝え合うんじゃないでしょうか、形は別として。今度は千秋がプロポーズして、のだめが逃げる…、みたいなラブコメパターンも、番外編を続けるならありかも?

>黒タニャはどうなることやら…
所長がのだめコンサートの時期を書き間違えた的なことを言ってた気がするのですが。(うろ覚え)だからそんなに長期滞在じゃないと思います(というか思いたい)。黒木母に味噌汁の作り方を仕込まれた…なんて妄想が始まると辛いので。(^^;いずれにせよ、黒木くんはオーボエさえあれば幸せなんだと、信じております。ターニャがドイツに行かない予想に4.5ヤキトリの管理人です。(無駄な抵抗なう)



2010/06/10(木) 23:37 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
ろめいんさま、お久しぶりです。

肉体訓練合宿というのは、また、大変ですねv-12
たしかに体よりも、精神的なダメージの方が大きそうです。
快復のためにも、遊ばないと♪w
私は映画後編3回も見ちゃいましたよ(誇らしげ)v-238

>主人公は誰だ?
「ニュートラルにオペラの製作過程を描く」といくコンセプトどおり、主要なメンバーを少しづつクローズアップしている感じがしますね。

その中心にいるのはやっぱり千秋だと思うのですが、ろめいん様のおっしゃるようにオペラを作り上げていく仲間全員が主人公とも言えるんでしょうね。

>杏奈
欧米では、日本人は蝶々夫人ぐらいしかオーディションも受けさせて貰えないと聞いたことがあります。
欧米では役をもらえなくても、日本でなら白人のお姫様役でも何でもできるv-254
杏奈が日本に帰国したのは本当に彼女のために良かったと思います。
今回殻も破れたようですし、圧巻の夜の女王のアリアを聴かせてくれそうですね♪

>のだめ@レア物と千秋@安売り中
彼女に差をつけられても、妬んだり僻んだりすることなく、自分のやるべきことに真摯に向き合っていく千秋は本当に素敵だ男だと思いますv-237
のだめはそれが出来なくて、ヤキモキさせられましたから…w

>黒木関係のサプライズはもう要らない…
ターニャって6月からずっ黒木家に滞在してるんでしょうか?!
ちょっとビックリ。
のだめと千秋は、オペラ編の最後に結婚なり婚約なりするんだろなと思いますが、黒タニャはどうなることやら…
ろめいん様の気を揉ませそうですねw

ではでは、また♪










2010/06/10(木) 23:05 | URL | はも #CFBCjnlI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/309-e61d9486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。