悪巧みの女達 オペラ編AKT9

ここでは、「悪巧みの女達 オペラ編AKT9」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝から晩まで「暑いですね~」が挨拶になっている今日この頃。
今日も朝から蒸し暑くて、水風呂に入っている時間が至福の時だった管理人です。
あまりに心地良くて、危うく寝てしまうところでした(笑)。

ところで今日はKissの発売日。
表紙にのだめがあるのが当たり前、そうでなくてもタイトルが目立っているのに、今回は探せなくて焦った管理人。「まさか休載?それとも自分の勘違い?」と本屋の店頭で二ノ宮さんの公式サイトまでチェックしてしまいました。

なんことはない、「Kiss」のタイトルに被っていただけなのですが。
特別扱いが、却って目立たないということもあるんですね。(^^;
もうすぐオペラ編の連載も終わるし、他の漫画も目立たせなくては、という大人の事情もあるのかもしれません。

とにも角にも、暑いと深い考察はできませんし、どうせ次は最終回。まだまだ謎は解けないのだろうと軽い気持ちでざっと読みしました。やっぱりと頷いたり、ふーん、と首を捻りながらの感想は、続きからどうぞ。
意味深な扉

扉絵は「ノルマ」。自己犠牲的なヒロインが登場する、シリアスなオペラですよね。見た事はありませんが。。「男と女」「罪と心」気になる言葉がちりばめられていますが、そういう時って意外にギャグな展開だったり…と予想してしまう、あまのじゃくな管理人。

ページを捲ると、リハは一幕の最後の方。案じられていたキャストの歌と演技は順調なようです。菅沼は8キロ痩せて、頑張ってるし。千秋も痩せてしまうほど、問題はオケなようです。

いつの間にかノリノリでバカっぽさを演じているパパゲーノと、すっかり役にはまったチョコ味のソフトクリームみたいな侍女達に感心していると、「これだれ?」なほど迫力のある夜の女王登場。あれが杏奈!?と驚くほどロックな(笑)感じでシャウト…じゃなくて歌い上げるのは、有名なアリアですね。千秋が微笑み、黒木くんが頬を染める程の出来に峰が成功を確信します。

菅沼のリベンジ

そこで負けん気が触発されるのは、さすがファイティング菅沼。(リングネーム)。パミーナのアリアでは、歌い方を変えたようです。千秋がテンポに合わせれば、今度は遅いと言われ大混乱。片平夫がこのアリアは指揮者泣かせと解説すれば、片平妻はキャストの殆どが進化中と説明。キャストが上達するのは良いことなんでしょうが、オペラのまとまりを作らなければならないオケ、というか指揮者は、歌が安定していないときついですよね。更に楽屋ではタミーノがまだ抑え気味ということも分かり、本番では調子が出せないのか、更に化けるのか分からないというのは、とても嫌な感じでしょう。

まだコスプレ中

おお、ターニャに萌え!と思ったら俊彦の趣味だったんですね~。剥き出しよりも、こういう太腿見せの方が色っぽいと思うんだけど、これでリハに来たら黒木くんは冷静でいられないだろうと心配です。(笑)でもって、こんな格好のまま、シリアスな会話をしているのだめとターニャの絵が何とも不思議。

予想通り、黒木くんについて行くかをまだ迷っているターニャ。まだ若いし、知らない土地だし、音楽で食べて行けるようにもなりたいし。。で、どうなる?ってところでのだめの腹黒い悪巧みを千秋に知られ、この幕終了。壮大に張られていた「邪悪な女」の伏線は、のだめだったね。まぁ、大口を叩きすぎるのがのだめらしいというか、なんというか。。

試練、試練…そしてまた

そして、ゲネプロ、明日は本番だというのに、千秋の修行はまだ続くらしい。。
モノスタノスヘのキューを出し忘れ、パミーナのアリアの伴奏はまだ迷走中。
可愛くはしゃいでたパパゲーノが、寂しそうに最後を覚悟するところに読者もしんみりシンクロ。。

何故か客席で涙するのだめに、峰が頼み事をしたかと思うと、打ち合わせようとする菅沼はすでにエステに走っていた。どうする千秋!!どうなる魔笛?!

…というわけで、煽るだけ煽って、また来月の最終回に乞うご期待デス。

今回の小ネタ

黒木くんちは、やっぱりぜんぶ畳。そんな純和風の彼が、フランスに行って頑張ったんだなぁと感慨深かったです。(そっちかい)というか、ターニャも黒木くんとちゃんと話せば良いのに。。本番の後に返事ですか。そーですか。。

杏奈の開き直りかたは良いですね~。楽屋の様子も突き抜けてるし、課題一個クリアって感じですね。

山積みの課題を、千秋はどう解決するか?主役カップルの運命は?
はたまた次の番外編はどうなるの?
来月が楽しみです。
コメント
この記事へのコメント
あみーゆさま、

いつもコメントありがとうございます!( ´∀`)ノ

> 杏奈、大化けですね、あんなに悩める少女だった感じが何だかパンクの人みたいです。。。
ですよね~。迫力あるし、態度も変わった気が。。本番が楽しみですね!

> チョコ味ソフトの侍女、そういえばあの黒のうずまき頭そんな感じ?
おお、ぴったり。それに美味しそうだ。(笑)いつもより多めに回ってる感じですよね。^^

のだめのプロポーズ大作戦は、先ゆき真っ暗な感じですね。。
もちろん最後は大団円で終わるにしても、もう一波乱ありそう。

> あれだけ男捕まえる事ばかり考えてたのにちゃんと将来のこと考えるようになってえらいです!
ターニャは予想通り、将来のプランとの間で悩んでいたみたいですね。
ま、しばらく遠恋して、お互い音楽を頑張るのも、長い目で見ると良いかも。。
私が言うとやっかみ半分に聞こえると思いますが…、そうではなくて、ターニャにも音楽家のとしてのキャリアに道筋が付くまでやらないと、後悔するんじゃないかって。

> 今度で最終回ですね、このメチャクチャな魔笛がどんなになるか、峰ののだめへの頼みごとがカギになるんですかね。
世界のNODAMEさんだし、できることは演奏だと思うんですけど、チェレスタが出て来るのは最後の方なんですよね。。菅沼をはじめとした、現在進化中のキャストに合わせるのが大変なんだから、そこは千秋が自力でがんばるのかなぁ?峰は結構カンが鋭い気がするんで、予想を超えた役割をのだめに与えるかも知れませんね。マングース着て、なにかを演じさせるとか(爆)

偏った見方と、妄想ばかりのレビューですが、またお暇な時にでも覗いて見て下さいね♪
2010/08/12(木) 21:14 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
こんにちは、ろめいんさん。
感想、遅くなりました~~~><

杏奈、大化けですね、あんなに悩める少女だった感じが何だかパンクの人みたいです。。。

菅沼があんなに意識しちゃうほどに、このまま絶好調だといいですね。

チョコ味ソフトの侍女、そういえばあの黒のうずまき頭そんな感じ?
ツボに入りました^^

のだめ、作戦大失敗でしたね・・・・
残念!千秋に花瓶で殴られちゃって(TT)

そういえばのだめがプロポーズ意識したのって。
自分にはこのボケて殴って突っ込んでというノリが無くなって、菅沼と関わってこの突っ込みが出てきて昔の自分みたいだと思い出して菅沼が千秋のタイプだって心配してたけど、のだめに突っ込むというノリが復活して、二人の間でどんなやり取りがあったんだろう?って思いました。。

ターニャ、プロポーズされたのにちょっと迷ったわけ分かりましたね。

あれだけ男捕まえる事ばかり考えてたのにちゃんと将来のこと考えるようになってえらいです!

今度で最終回ですね、このメチャクチャな魔笛がどんなになるか、峰ののだめへの頼みごとがカギになるんですかね。

またろめいんさんの書き込みも楽しみにしてます^^



2010/08/12(木) 00:39 | URL | あみーゆ #2QW/qbDE[ 編集]
はもさま、暑い中いらっしゃいませ♪

> 昨日、私は夏祭りのバーベキュー担当に任命されてしまい、朝から汗だくで下ごしらえと炎天下でのハムステーキをやってましたよ…
えぇ??あの炎天下でですか。。偉すぎる。。クールダウンに水風呂お勧めします。この季節なら室温でも30度以上あるから心臓に負担は無いですよ。

> ターニャのコスプレは初音ミクなのかな?
ミク風だとは思いますが、丸ごと真似は出来ないのでは?クレームが付いたりしても困るし。
でも、髪はしっかり青緑だったりして。(笑)

> もしかしたらボレロのチェレスタでの幻の初共演を、「魔笛」で実現させるのかな…?
> のだめ効果で、オケと歌手達がひとつになって、素晴らしい舞台が作り上げられるといいな、なんって夢想してしまいます。
峰なら仕掛けそうだし、ハッピーエンドに相応しい感じで良いですよね♪変態の森のみなさん総出演で、さらに舞台の上でプロポーズさせての大団円…とかね。「だが、断る」的な展開も面白いだろうし。(鬼)

> 「nodameの夫」と呼ばれたくないとか…。
あはは。オレ様千秋だからありそう。それでどちらも上の立場に行くとプロポーズして、仕事のない状態にいあると断る…なんて永遠にやってたりしてね。

> 次回最終回、オペラは成功するだろうし、「魔笛」のストーリー通り千秋とのだめも上手くいくだろうし、
> 番外編は安心して気楽に楽しめるのが良いところですねw
> これで「のだめ」から卒業か、と思うと少し寂しいですが…
そうそう。心配は無いですよね。ただ、あんまりハッピーだと後が続かないので、何かを残して終わって、次の番外編でそれを拾う…って展開があると良いな~と思ってます。

ニノせんせ、夏も仕事らしいので、年末までなにもないということはなさそうですが。
Kissの表紙にランランのCDって…。長いストーリーはお預けでも、絵だけでも楽しみです♪
2010/07/25(日) 11:22 | URL | ろめいんれたす #-[ 編集]
ほんと、暑いですね~(>_<)
水風呂…いいなぁ~
昨日、私は夏祭りのバーベキュー担当に任命されてしまい、朝から汗だくで下ごしらえと炎天下でのハムステーキをやってましたよ…
その後、混声合唱の練習にも行ったし、根性でKissもゲット(近所のコンビニに売ってないから遠征しちゃったわ(>_<))…
まだ頭も体もヘロヘロですが、「のだめ」を読めば元気がでます♪

前半部分は前回と同じ日なのですね。
(着てるものが皆同じだから)
ターニャのコスプレは初音ミクなのかな?
ツインテールと衿つきノースリーブ、ネクタイはミクミクにしてやんよ、ですがアームウォーマーが無いのとミニスカートじゃないのが、ちょっと違う気も…^_^;
でも、ターニャ、似合ってましたね♪
「ヤスと長く離れるのは…」って頬を染めてうつむくターニャは可愛いかったです。

それにしても「女の悪巧みから身を守れ」とは酷い言い草ですが、オペラの歌詞にのせてストーリーが進んでますからねw
オペラはこの後、沈黙を課せられたタミーノも話すことを許され、
「男性らしく振舞って、美徳の道を進むのだ。」と、そして
「 ぼくと一緒に歩いておくれ。
もはやいかなる運命も、ぼくらを離して おけようか。
たとえ死が待ち構えていようとも。」なんてラヴラヴな展開になるのですから、
安心して読めますねv-238

>世界のnodameさんへのお願い
魔笛の鈴の音で使われるキーボード・グロッケンシュピールは、 チェレスタで代用されることが多いようです。
もしかしたらボレロのチェレスタでの幻の初共演を、「魔笛」で実現させるのかな…?
のだめ効果で、オケと歌手達がひとつになって、素晴らしい舞台が作り上げられるといいな、なんって夢想してしまいます。

>ターニャも黒木くんとちゃんと話せば良いのに。。
ホント、ターニャと黒木くんも、のだめと千秋もね。
きっと千秋は、のだめの手の上で転がされてたのがしゃくに障っただけで結婚する気が無いわけじゃないと思いますよ。
男のプライドで、世界のnodameと共演できるようなレベルになるまで結婚しない、とか分けられてないことを考えてそうな気がします…。
「nodameの夫」と呼ばれたくないとか…。

次回最終回、オペラは成功するだろうし、「魔笛」のストーリー通り千秋とのだめも上手くいくだろうし、
番外編は安心して気楽に楽しめるのが良いところですねw
これで「のだめ」から卒業か、と思うと少し寂しいですが…

ではでは、次回最終回のろめいんさまの感想も楽しみにしています。
2010/07/25(日) 10:33 | URL | はも #CFBCjnlI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/315-4e43f0dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。