行って来ました沖縄☆空中散歩 

ここでは、「行って来ました沖縄☆空中散歩 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一緒にシンガポールや沖縄に行った仲間と会う度に、東京の方が絶対暑いよ!と言い合っている管理人です。日差しは負けますが、温度的には今の東京のほうが絶対に暑いです。(^^;それでも寝るときに冷房を入れないほうが体調は良いとは、暑さに強いのか鈍感なのか。。

そんな訳で、今更ながらの沖縄編第三弾は、那覇周辺のお散歩。鳥の目になって、沖縄について少し考えて見ました。

例によって観光ガイドにはなりそうもありませんが、続きからどうぞ。

1007oki4.jpg
ハーバービューで快適ホテルライフ 

宿泊したのはハーバービューホテル。エントランスではシーサーがお出迎えしてくれます。管理人はなぜか昔からシーサーが好きで、魔除けなのだからと怖い顔が好みです。観光客向けのTシャツのようなアニメ風なデフォルメは、らしくないので興味がありません。こわ・かっこいいデザインがあったら欲しかったんですが、そっち系の姐さんになりそうだったのでTシャツは断念。

1007oki2.jpg

熱帯植物が茂る小さなお庭と、気持ちよさそうなプール。脇にはチャペルなどもありましたよ。新郎新婦そのまま飛び込む…というのは違うと思いますが。(笑)入る時間はなかったので、見てるだけで涼ませて頂きました。
1007oki1.jpg

ホテルのエントランス前には大きな木がそびえていました。朝10時頃だというのに真昼のような日差しが照りつけるなか、涼しげな木陰が妙に魅力的に見えて、何枚か写真を撮りました。レンズの曇りが虹のように見えているこれは、本来は失敗ショットなのでしょうが、一番気に入っています。

1007oki0.jpg

ヘリコプターで空中視察

どこのVIP?って感じですが、VIPが視察に使う軍用ヘリに乗せて頂きました。(笑)CAさんなどは当然居らず、ヘッドフォン型の耳栓を付けて、冷房なしの文字通りオープンエアーなので落ちないようにと迷彩服の乗務員に注意を受けて…。(^^;爆音と振動の割にはスムーズに空へと向かいました。

空から見下ろす普天間では、密集する住宅が海にこぼれ落ちそうでした。一方、基地の中は広々として、まるでゴルフ場のよう。ドーナツタウンという言葉だけでは表せない状況です。昔の普天間は内側をフェンスで囲まれた街が発展するに従い、住民側、米軍側ともに使いにくくなっていったのだと想像します。

1007oki5.jpg

嘉手納基地の上空では、管制から米軍機の離発着があるので待機を命ぜられ、空をぐるぐる旋回して順番待ちをさせられていました。これで気分が悪くなった仲間も少なくないのですが、管理人は嘉手納を良く見せるためのサービス?と勘違いするほどの鈍感振りを発揮してしまいました。

ところで嘉手納は成田空港の二倍の広さがあり、極東で一番大きな空軍基地なのだそうです。騒音問題については聞いてはいましたが、これだけ離発着が多かったら煩いだろうと実感しました。極東地域で有事があったら、ここは空軍のハブとして最前線に近い状況になるだろうと思うと、日頃の平和さにどっぷりつかった気分が引き締まります。日本の平和を願うなら、周辺地域を含めて考えなくてはならないのだと、改めて思いました。

ところで操縦席を覗かせてもらった時に、エメラルドグリーンの綺麗な海が見えたのは感動的でした。話題の辺野古周辺は特に美しく、ここが基地移転の候補地なのは残念だと素直に思えます。一方で今まで開発を免れた理由を考えると、キャンプ・シュワプの近くだからなのか、不便な場所だからなのか。。沖縄を巡る問題には、知れば知るほどいろんな矛盾が潜んでいそうです。

1007oki3.jpg

いろいろと考えさせられた空中散歩から陸上に戻り、小さくても凛々しいシーサーのお出迎えにほっとさせられました。

1007oki6.jpg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/316-523bd860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。