是非聴きたい♪吉田裕史さん指揮の「リゴレット」@イタリア

ここでは、「是非聴きたい♪吉田裕史さん指揮の「リゴレット」@イタリア」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年この時期には秋の花粉にやられてしまう管理人。。先週から絶不調なのですが、春と違って理由を説明してもすんなり理解してもらえないのが寂しいです。喉が痛いわ、くしゃみがでるわで呼吸が苦しいこの頃。。

そんな訳で更新が遅れてしまいましたが、9月に指揮者の吉田裕史さんとお話する機会がありました。イタリアで着々とキャリアを積んでいらっしゃる吉田さんは、オペラに力を入れていて、マントヴァ歌劇団の音楽監督に就任されています。マエストロと縁の深い方のお引き合わせで内輪の集まりに来て頂き、オペラの舞台裏のみならず、外国からみた日本の魅力など、いろんなお話を伺いました。

音楽に対する真摯な態度だけでなく、幅広い興味とざっくばらんなお人柄に触れ、一同ですっかりファンになってしまいました。年末にかけては各都市で「リゴレット」を指揮されるので、イタリアにさえ行けば聴けるのに!

管理人は生憎イタリアに行く機会がないのですが、こちらを覗いている方で、公演に行く機会のある方は、是非感想を教えて下さいね♪

続きからお話のさわりと、秋の公演の詳細です。
沢山伺った中で、一番印象に残ったお話は、日本では指揮者は指揮をするのが仕事だと思っていたが、イタリアではそれ以外にも重要な仕事が沢山あるということ。日本の指揮者の責任範囲についてもよく知らなかった管理人は、頷くことしか出来なかったのですが、あちらでは社交や政治的な付き合い、ソリストとの人間関係も大事な仕事の一部だそうです。後ろ盾もなく独りでキャリアを積んでいマエストロには、大変なご苦労もあったようですが、なによりも演奏を聴いてもらいたいと、きっぱり言い切った笑顔が素敵でした。

日本の音楽教育の問題点についても、分かりやすく、ユーモアたっぷりに解説してくれました。楽器はabcなのに、歌はドレミで、長調短調はイロハとか嬰など書けない字まで使って(笑)余計ややこしくしているとか。メトロノームや学校で教える拍子の取り方が四角四面(というか間違ってる)のでクラシックがつまらないと思い込まされているとか。それをベートーベンの交響曲の触りを歌って例に取りながら説明してくれたので、本当に楽しく理解出来ました。管理人の理解力が低いため、具体的に再現できずにすみません。(><)

他にもイタリア語も英語も一切出来ずにリハをして逆ギレした某国の指揮者の話とか、日本では努力が賛美されるけど、イタリアでは褒めて育てるのは良いが、才能があると思い込んだまま大人になる人も多いとか、欧州では才能は「神に与えられたもの」であり、自分が偉いのではなく、感謝すべきは神様だと考える…など。更に、本当の天才は音楽さえやっていれば他に趣味も楽しみも要らないとか、いろいろ考えさせられつつ、のだめ妄想も(笑)湧いたりしました。

オペラの練習も、オケには歌を歌いながら説明するらしく、指揮者の大変さがうかがい知れます。交響曲の指揮でも、指揮者がオケに解釈などを話すことはあると思いますが、歌詞のあるオペラでは当たり前ですが、言葉の役割が大きいですよね。

本他国のオケでは、イタリアオペラが上手く演奏できず、イタリアのオケは何を演奏してもオペラっぽくなるなんて話もあるほど、イタリアではオペラは芸術の最高峰であるだけではなく、日本では考えられないほど身近なものなんですね。日本人がイタリアで、イタリア語のオペラを振るハードルの高さが想像できます。

そんな中で、国民的大作曲家のヴェルディの代表作、リゴレットの舞台であるマントヴァで、二年に一度開催される「リゴレット・フェスティバル」のメインイベントでオペラの指揮をするとは、どれだけの重圧や期待なのでしょう。マントヴァはマエストロの現在の本拠地ですが、オペラの公演は初めてだそうで、続くツアーの歌劇場では全て初登場だそうです。

なんだか自分の事のようにドキドキしてしまいますが、公演の成功をお祈りしたいと思います!

こちらの拙いブログにも遊びに来て頂き申し訳ない次第なのですが。(^^;;;
マエストロ吉田の許可も頂きましたので、マントヴァでの公演とイタリアでのツアーの詳細を下記しますね。

リゴレットの時代背景などについては、吉田裕史さん公式ブログの解説がWIKIPEDIAより分かりやすくためになりました。
http://www.hirofumiyoshida.com/blog/


吉田裕史2010年シーズン「リゴレット」演奏日程

1) マントヴァ(ロンバルディア州)マントヴァ歌劇場 
10月29日(金)20:30開演
リゴレット・フェスティバル マントヴァ2010ホームページ
http://www.rigolettofestival.it/it/index.htm

2) ベルガモ(ロンバルディア州) ドニゼッティ歌劇場
11月5日(金)20:30開演、11月7日(日)15:30開演
http://teatro.gaetano-donizetti.com/DoniEditorial/newsCategoryViewProcess.jsp?editorialID=2778

3)ルッカ(トスカーナ州)ジーリオ歌劇場
11月13日(土)20:30開演、 11月14日(日)16:00開演
http://www.teatrodelgiglio.it/page.php?page=1435&langId=1

4)サッサリ(サルデーニャ州)マリアリーザ・デ・カロリス歌劇場
12月8日(水)20:30開演、12月10日
http://www.enteconcertidecarolis.it/opera.asp?id=109&er=it
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/323-d49b541f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。