ちょっとした贅沢@Le Beurre Noisette(ル・ブール・ノワゼット)

ここでは、「ちょっとした贅沢@Le Beurre Noisette(ル・ブール・ノワゼット)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと贅沢なランチ@Le Beurre Noisette(ル・ブール・ノワゼット)

リニューアル直後の銀座三越はラッシュアワー並に混んでいたそうですね。しばらく様子を見ていたのですがようやくチャンスがあり、平日の昼間に行って来ました。それにしても、地下鉄から足を踏み入れたとたん、化粧品売り場が拡がっていたのには驚かされました。実は管理人は学生時代、地下のケーキ屋さんでバイトをしていたことがあり、いろいろ感慨深かったです。

以前は仕事でも百貨店にはお世話になっていたので、セレブな商品が並び、店内に活気があるのは嬉しいものです。ファストファッションや家電の店も良いのですが、やはり銀座では百貨店が元気でないとつまらない気がします。リニューアル直後だけでなく、このまま繁盛して欲しいと願っています。

そんな訳でちょっと贅沢なランチも楽しんで来たのは、パリのネオ・ビストロとして評判が高いLe Beurre Noisette(ル・ブール・ノワゼット)。知っていると思っていた料理のイメージがいろいろと覆された(笑)ランチについては続きからどうぞ。

IMG_2441_20101024210132.jpg
この店にしたのは、リニューアル開店の時に素敵なレストランを見かけたと言う母のチョイス。パリで評判などとは知らないのに、眼の付け所はさすがママン。(笑)一年の中で最も良いレストランに行くのは、母のバースデーか母の日のような気がします。

こちらはランチでも予約が出来ると言うことで、電話しておいて正解でした。このフロアのレストランの例に漏れず2時近くまで並んでいました。ランチにしてはそれなりのお値段なのに、銀座マダムには問題ではなさそう。(^^;


~前菜~
ピエドコション(豚足)のカルパッチョ レンズ豆のヴィネグレット
鴨とフォアグラのテリーヌ

IMG_2430.jpg

IMG_2432.jpg

カルパッチョというのは、生肉や魚を薄く切って、ドレッシングとチーズをかける料理だと思っていたのは間違いだったようです。ちなみに上に乗っているのは、チーズですが、母はキノコだと思っていたようです。ゼリー寄せと豚足を小さく切ったものと、レンズ豆が一体になっていてるので、はじめはどれが豚足だか分からない状態。意外に(笑)美味しいのですが、ねっとりしたコラーゲンっぽい食感には好き嫌いがあるかも知れません。

テリーヌは中のフォアグラがたっぷり入っていて、フランスのクオリティ。味ももちろん文句の付けようがなく、フォアグラ好きの方には是非お勧めしたい逸品です。

~メイン~
塩漬けした鱈のロティ 白インゲン豆の煮込み 魚のカスレ風
骨付き仔牛のロティ ゴボウのコンフィ添え

IMG_2433.jpg

IMG_2438.jpg

鱈のロティはあっさりとしていて、上品な仕立てでした。これはビストロ料理では無いわよね?と突っ込みつつ、ママンが平らげたので味見程度しか出来ませんでしたが、あっさり派には良いチョイスだと思います。

仔牛のロティは二人前からと言うことで、妹と一緒にオーダー。仔牛が好きな管理人は、柔らかい食感も、火加減も大満足でした。付け合わせの野菜が味が濃くて、特にゴボウも和風?と思うほどしっかり味が付いていました。ご飯にも合いそうな逸品です。

~デザート~
秋のフルーツとキャラメルクリームのミルフィーユ
南国のミネストローネ ココナツミルクのソース

IMG_2442.jpg

ミルフィーユは、テイクアウトでは食べられないほどサクサクパリパリなパイ生地と、濃厚なキャラメル風味のカスタードクリームと秋の果物がごろごろ入っていました。バニラアイスクリームも濃いお味で、ダイナミックなデザートでした。

トップの写真通り、バースデーのお祝いも入れてもらって、母も喜んでくれたのはミネストローネ。メニュー名には??と思いましたが、マンゴなどのトロピカルフルーツが使われたマチェドニア(フルーツポンチ)のようなものににココナッツクリームが添えられ、さらに甘ーい薄焼きクッキーで仕上げてあります。日本にはない甘さのクッキーを食べると、フルーツソースの爽やかさが引き立つというか、絶妙なバランスでした。一人では食べきれない感じがします。

ところで、プリフィックスのランチは3500円。選べるメニューは他にもあったのですが、自分達が頼んだものしか覚えていなくてすみません。ちなみにアミューズとパンも付いていましたが、お茶は別です。お茶にはマドレーヌとココナツのギモーヴ(マシュマロ)が付いて来ますが、最後まで食べられないかも。。

たまにはこんな贅沢も良いかなと思える、セレブランチでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/324-8896a5a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。