COREDO室町:美味しい香りに誘われて

ここでは、「COREDO室町:美味しい香りに誘われて」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YUITOと一緒にオープンした、COREDO室町。その「室町」ですが、日本橋室町と言われてどこだかピンと来ますか?地下鉄の最寄りは「三越前」で、三越本店の周辺なのですが、そもそも本店が日本橋だと知らない方も多いようですね。管理人は一度タクシーに三越本店へとお願いして、銀座に連れて行かれたことがあるので、一般的には銀座の方が有名なのかな?と思ったりします。

でも中の人によると、本店には他店舗とは全く違うグレードのお客様が日本全国から集まるとか。地方の富裕層の方は、数ヶ月に一度上京して、歌舞伎を観たり、病院で検査を受けるついでに、三越でお買い物するらしく、同じようなスーパーリッチなお客様が沢山いるとのこと。地下の食料品売り場にはよく行きますが、上の階にはあまり足を踏み入れた事がない管理人には近くて遠い世界です。

そんな三越のセレブなお客さんと、周辺の堅いお勤め(?)の方々がターゲットだと思われるCOREDO室町の勝手なレポートは続きからどうぞ。

coredo.jpg
日本橋コレドの一階にある和風なラインナップを見た時には、三越の客層を意識している気がしました。もちろん、もともと老舗が多い土地柄、再開発で周辺のお店が入ったこともありますが、新たに誘致した店の顔ぶれも他のショッピングスポットとは明らかに違います。一階に入った、鰹節の「にんべん」と包丁などの「木屋」は以前から近くにありましたが、金箔の「箔座」は東京に初出店。隠れ家フレンチのカフェとパティスリー「エメ・ヴィベール」はパリブレストをフィーチャーするなど、スペシャルな気合いが感じられます。他のレストランも、ブランドというより大人好みの「ここだけ感」のある印象です。

金箔をふんだんに使った器、アクセサリー、コスメ、スイーツ(和菓子/洋菓子)などを半場販売している「箔座」は眼の保養には最適。金箔を体感できる空間まで用意されています。金箔で覆われた空間「黄金の天空」でリッチな気分を楽しんで、ミシェル・バッハのコラボスイーツを買って帰るのも良い気分転換になりそうです。

ninben2010.jpg

2010にんべん2

「にんべん」では鰹節の香りが漂っていました。ガラスの向こう側では職人さんが鰹節削りを実演していたり、削り体験ができたり、いろんな味の乾燥納豆の試食と投票があったり、工夫が感じられます。初日に覗いた時には、夕方には「だしバー」は売れ切れ状態で取材のテレビなども入っていて、お店の人もてんやわんやでした。管理人は良い香りに誘われて、削りたての鰹節、鰹節ふりかけ、フリーズドライ赤だしの元をお買い上げ。赤だしは一杯分210円とランチのお供にしては割高ですが、インスタントとは思えないお味で気に入りました。^^

木屋は壁面一杯に包丁が飾られていて、以前の雑然とした店舗が様変わり。今なら先着で「ペッパーミル型携帯ストラップ」と包丁を一万円以上買うと「包丁の研ぎ方DVD」プレゼントだとか。。こちらの「刃物祭り」はひいきにしているので、これからも是非続けて欲しいと思ってます。

そろそろお腹が空いたと、エスカレーターで上に上がると和洋中だけでなく、スペイン・韓国・ロシアといろんなレストランが並びます。炭火でお魚を焼く匂いに誘われて、危うく隣の店に入ってしまうところでしたが、今回仲間で向かったのはカジュアルなイタリア料理のChe Voglia!(ケ ヴォーリア!)石釜でぱりっと焼いたミラノ風の薄くてぱりっとしたピザは香ばしくて美味しかったです。写真は店名の付いた冠ピザで、薄いナスのスライスに、パルマ産生ハムとルッコラがたっぷり載っていました。他にもゴルゴンゾーラのピザや、ペスカトーレのパスタなどもお勧めです。

IMG_2637.jpg


機会があったら、他のレストランも試してみたいと思っています♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/327-a97e758f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2010/11/08(月) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。