楽しんで来ました♪ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012♪最終日その1

ここでは、「楽しんで来ました♪ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012♪最終日その1」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシアな気分の今年の音楽際ですが、実際の舞台は新緑が目に眩しい初夏の丸の内。
子どもの日でお天気が良かったせいか、丸の内・有楽町近辺は人で賑わっていました。ブリックスクエアのエシレのクロワッサンが売り切れだったのは想定内でしたが、ヴィロンのバゲットまで売り切れなのにはびっくりでした。

仕方がないので屋台のエスニックで小腹を満たしながら、ピープルウォッチング。今年は素敵な中高年のカップルに注目しました。ぱりっとしたジャケットをお召しの白髪のカップルが手を繋ぎながら次は何を聞きに行こうかと相談していたり、綺麗なラベンダー色のコットンセーターを着こなした紳士の横に、ラベンダー地にグレイのプリントのあるシフォンストールを巻いた奥様が現れたり。さりげなくお洒落な中高年カップルには憧れてしまいますが、憧れで終わりそうです。ヒントは「お洒落」(笑)☆

そんな風にきょろきょろしながら、最終日はコンサート2つと合間に無料コンサートを堪能させて頂きました。いろいろ聴いたので記憶が混乱しているかも&相変わらずの素人感想は続きからどうぞ。

今日初めて聴いた演目はピアノの連弾。もともとはボリス・ベレゾフスキーとブリジット・エンゲラーの組み合わせを楽しみにしていたのですが、エンゲラーが急病により来日中止なり残念。クレール・デセールが代演者となり予定されていた「眠りの森の美女」組曲がなくなり、連弾は「幻想的絵画」のみとなりました。このような音楽祭ではありがちなハプニングですが、ベテランの代演は若手のチャンスでもあり、頑張って欲しいとキャンセルはせずに聴くことに。

演目が変更になったこともあり、デセールが弾き始める前にスクリャービンのエチュードを弾くことを客席に向かって宣言。フランス語なまりの英語がチャーミングでした。すらりとしている上に、かなりのハイヒールだったのでペダル大丈夫?と要らぬ心配をしてしまいました。LFJのサイトで代演者のプロフィールをチェックしていたときには、ブルネットだったのに、ブロンドで現れたのは、気合いを入れたのか?黒にゴールドのラメが入った衣装に合わせたのかもしれませんが。^^

スクリャービンは初めて聴く作曲家だったので、そんなことばかり気にしていたのですが、演奏のせいかすっかり楽しめました。多彩な音が、面白いリズムで繰り出され、噴水が踊っているようです。特に最後の「悲愴」はドラマチックで、複雑そうなリズムを軽やかに弾ききっていました。終了後に、スパンと起ち上がったデセールの笑顔は、自己記録を更新したアスリートという感じ。素晴らしい演奏に加え、代演のお礼の意味で大きな拍手が贈られました。

続いてベレゾフスキーのソロは、名前すらも聞いたことのなかったメトネルの「おとぎ話」。これも大変ドラマチックで、演奏家によって印象が変わりそうな曲です。上手く説明出来ませんが、難しそうな曲を易々と弾ききる彼は、さすがロシアが誇るヴィルトゥオーゾ(別名巨熊)です。

そして最後は二台のピアノによる「幻想的絵画」。最初は「舟歌」が波のように寄せては返します。「夜-愛」ではハープのような響きが情感豊かで盛り上がり、「涙」は悲しげな旋律が繰り返され葬式を思わせ、そして「復活祭」では人間的な響きが奥行きを見せてから展開して、天上の世界が見えるように美しく終わります。多彩な音を響かせるピアノが交差し、重なることで奥行きを増して、ピアノ二台でしか表現できない音楽が実現できるのだと思いました。

予想外の状況にも関わらず、素晴らしい演奏を聴かせてくれた二人のピアニストに心よりブラボーを贈ります。

5月5日 13:45-14:30 
よみうりホール(トルストイ)

ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
クレール・デセール(ピアノ)

スクリャービン:練習曲 嬰ヘ短調 op.8-2 (デセール)
スクリャービン:練習曲 変イ長調 op.8-8 (デセール)
スクリャービン:練習曲 変ロ短調 op.8-11 (デセール)
スクリャービン:練習曲 嬰ニ短調 op.8-12 「悲愴」 (ベレゾフスキー)
メトネル:おとぎ話 ロ短調 op.20-2「鐘」 (ベレゾフスキー)
ラフマニノフ:2台ピアノのための組曲第1番 op. 5 「幻想的絵画」 (連弾)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/344-7b3d6160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/08(火) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。