花より団子、なによりくろきん:くりきん大賞決定!

ここでは、「花より団子、なによりくろきん:くりきん大賞決定!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー、お誕生日直前にのだめドラマにくろきん参戦の知らせが!

俳優の福士くんのことは良く知らないのですが、NHKでチラッと見たところではイメージを崩されることもなく、楽しんで見れそうです。ひとつだけリクエストがあるとすれば。。
一見地味というのも彼の良さなので。あんまりかっこ良くしないで欲しいな。(爆)
と言いながら、くろきんファンがあまり増えると寂しいと思う自分勝手な管理人です。

と言う訳で、(どういう訳だ?)黒木くんハピバ企画第3段はくりきん食べ比べ!
名前が似ているだけじゃなくて、大家さんとの関係の潤滑油となった縁もあり、こじつけですが、くりきん食べ比べ行ってみます!

お誕生日祝いなのに、ネタでごめんね、くろきん。(爆)

IMGP1318.jpg

おせちの栗きんとんは好きでも、和菓子バージョンは食べたことが無かった私。浅草に行く用事があったので、リサーチにはちょうど良いとばかりに栗きんとん探しの旅へ。

浅草といえば梅園、ついでに豆かんか抹茶パフェでも食べて一息入れようかと思ったら、甘い甘い。。20人近くの大行列であっさりテイクアウトのみとなりました。ここでオーソドックスな栗きんとんを仕入れ、とりあえず基本バージョンはクリア。

いもようかんの舟和を横目で見ながら、次は松屋へと向かいます。抹茶スイーツにも後ろ髪を引かれながら、今日はくりきん、くりきんと念仏のように唱えながら、売り場を回り、源 吉兆庵で茶巾絞りと、バリエーションの二種をゲットしました。

家に帰ってくりきん三種類をお皿に盛って夢見がちに眺め、写真を撮っていた私は、はっきりいって危ないヒトです。(笑)

オーソドックスバージョンは想像通り、おせちの栗きんとんに近い味。甘くてとろりとした餡に絡まって黄金色の栗がころんと入っています。気取らない、日常的なお茶うけという感じ。おばあちゃんの家に遊びに行ったら出てきそうな安心できる味です。薫り高い玄米茶が合うかな?

茶巾絞りは初めて食べるので興味深々。スイートポテトほどねっとりせずほっこりした食感に、ぽこぽこした栗のナチュラルな風味が香りよく伝わります。天津甘栗をつぶすとこうなる?いや、それよりはあっさりしている、なんて考えながらインスタント抹茶と共に頂きました。
飽きない味ならこれが一番。上品な席から毎日のおやつまでどんなシチュにも使えそうです。

最後に頂いたのはこの秋の新商品という、蜜漬けの栗を栗きんとんで包んだお菓子。しっかりした栗の味が甘すぎない栗きんとんと一体になっています。外側は薄い栗ういろう?の様ですが、甘みのトーンや食感が揃っているので中の栗とのギャップがありません。こちらは本格的な渋い抹茶と共に栗の香りを立たせながら頂きたいです。

甘すぎないスイーツが好きと言うわがままな私ですが、どれもおいしく頂きました。中でも、モンブランも良いけど和栗の香りもいいなとパリの黒木くんに想いを馳せたということで、栄えある「くろきんに捧げるくりきん大賞」(笑)には「津弥栗」を推薦したいと思います!賞品は出ませんがあしからず。

どうしてもやりたかったネタ企画で思う存分くろきん、じゃなくて、くりきんを食べることが出来てご満悦の管理人でした。(爆)

写真右上 梅園:栗きんとん

写真下  源 吉兆庵:栗きんとん

写真左上 源 吉兆庵:旨味 津弥栗

関連タグ : 抹茶, のだめドラマ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/36-9da5ffed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。