のだめドラマ感想:Lesson 5

ここでは、「のだめドラマ感想:Lesson 5」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日発売だったんですね、のだめオーケストラLIVE!アルバム。
その販促ツールとして、広告ブックカバーを本屋さんで見つけました。裏と表の絵柄が違うので一応2枚ゲット。2枚組CDの宣伝のほかに漫画、ドラマ、コンサートの案内もあり、連動企画にぬかりはありません。そういえば、コミックスはいつの間にか1400万部突破したんですね。ダヴィンチの特集によると2005年2月時点で400万でしたから、あれから1000万部増ですよ!えらいこっちゃ。

このイラストのように二人で共演する日はいつになるか分かりませんが、(笑)みんなで楽しみにしていましょう。

と、言うことで長い前フリの割に、感想はピンポイントです。気が付いたとこだけ、行ってみます。

20061114233102.jpg

人間じゃないんだ...?:仮装ネタ進化中!

本編ではマングースがハブを持っていたのは最初だけだったのに、ドラマでは教室でも持ち歩いてましたね。マングースの頭を持ち、着ぐるみでコンサート会場まで走るのだめ、疲れたと思います。演奏中に頭を落とすのはマナー違反ですが。(笑)

真澄ちゃんのドレスとティアラ、ポリニャック夫人とは違うような気がしますが、妙に似合ってて可愛かったです。マキちゃんの書いた峰の仮装イラストのニコレットはいつの間にか電柱に変身していました。台詞で電柱って言わなかったら、絵は同じなので気が付かなかったです。(笑)


おいおい、カッコいいじゃねーか!!:ガーシュウイン

Sオケのラプソディー・イン・ブルー、練習はあまりなくて、衣装ばっかり気にしていたようですが、(笑)文字通り文化祭のノリ、楽しかったですね。文化祭の中をジャパニーズ・フォーマルで練り歩くところが好きです。演奏はいつもより余計に廻していましたが、(笑)Sオケらしくて色っぽくてよかったです。

本祭りのトリはオレ様なんだよ:ラフマニノフ

Aオケ+千秋のピアノ協奏曲第2番!フィギュアスケートで有名になったので、聴いたことのあるという人も多かったと思います。ピアノの練習シーンをたっぷり見せ、ピアノだけの音を聞かせた上でコンサートシーンへと突入する訳ですが、音が良くなっていると感じたのは私だけでしょうか?

千秋のピアノシーンは切り替えが減り、違和感がなくなりました。さすがに指は吹き替えでしょうが、玉木君の練習の成果か?肩や上腕の動きが自然に見えました。

Sオケ+千秋のラフマニノフは奇をてらわず、淡々ともせず彼ららしい演奏でした。練習での試行錯誤といい、個性の出し方といい、Sオケ+のだめとのコントラストが提示された感じです。

楽しい音楽の時間デス:巨匠!ミルヒー

今回のミルヒ、ちゃんと巨匠してましたね。のだめにヒントを与え、思い出の懐中時計を渡すあたり、大人でした。千秋との絡みでも、コンサート直前から終わって控え室で横たわるまで、あのミルヒが素敵に見えましたよ。(見慣れただけかも?)コンサート中のアイコンタクトから、いやだな、もうすぐ終わりだ。。まで、千秋が師匠を尊敬する気持ちが伝わってきました。師匠認定したとたんにお別れなのが切ないです。

まだ差し替えって可能?:佐久間さんはまた来週

佐久間さんが涙もハナも出してなかったのが残念ですが、(ってそこかい;)ポエマー振りは次に期待することにします。

ところで来週の黒木君は?

福士君のサイトによると11月20日から毎週月曜日出演とあるので、黒木レギュラー化?と思われ。と、いうことは佐久間さんのパターンにのっとり、来週はちらりと出るだけで、本格的にはその次からでしょうか?鈴蘭の鉢植えをのだめに渡すところ、期待しています。(本編には無いけど)

関連タグ : のだめドラマ, のだめ, 黒木,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/37-eb01374d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。