のだめカンタービレ 祝!Lesson 100 感想

ここでは、「のだめカンタービレ 祝!Lesson 100 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100回目はなんの記念?

連載開始から5年、知る人ぞ知る漫画からドラマ・アニメ・コンサート・CD発売と発展しつつある、のだめ・カンタービレ。ドラマも盛り上がった時期での連載100回目に期待が高まります。リード文は、2回目は「おなら体操」、48回目でコンクール負退、53回目でホームシック、86回目で初リサイタル。そして100回目は…。

おなら体操って、、突っ込みどころ満載ではありますが、全てのだめの成長の節目なんですよね。この物語の主役はやはりのだめなんだと改めて思いつつ、今回の「これ」がのだめの成長にどう関るのでしょう。

表紙と扉で、甘さ抑え目ながら二人の関係を匂わすような絵が続くと、ストーリーはしょっぱいのかとやや身構えてしまいます。読み進めると、そのくらいの覚悟で丁度良い感じでした。大抵のことには驚かないと思ったのですが、所長には最後にまたやられました。いつか来るとは思いましたが、こう来るか!?
本紙表紙はラブラブ?

バックもピンクのハートが並んでますから、一応。(笑)のだめは「ほら、チャンスは今デス」、とばかりにネクタイを引っ張ってますが、千秋は「なに言ってんだ、人前で!」とばかりに嫌がる表情。本紙表紙では無表情がデフォルトなので、納豆コントを思い出させる表情も新鮮です。(笑)*台詞は全て管理人の妄想アテレコです。(爆)

扉の鳩が暗示するものは?

「ほら、センパイ、鳩がデートしてますよ!のだめ達みたいデス」「・・・」というようなデートのワンシーン。どーでも良いことですが、一羽はよく駅にいる(笑)リアルな日本の鳩です。鳩って場所によって色とか違うのでパリの町並みから浮いているような気も。
「ほら、センパイ、パリの鳩が渋谷の鳩をナンパしてマスよ!ミルヒみたいな鳩デスね!」「・・・」
あほなアテレコがクセになってしまいました。。

すれ違い?

のだめの上達振りは、苦手だった初見の授業でデュマ先生に褒められたことからも伺えます。千秋親子に追いつけモードで勉強に夢中ののだめは、千秋本人には会わなくても時々寝相写真で充電すれば大丈夫な様子。実は夜中にぶちゅんしたり、写真を撮ったりしに来ている事を、千秋本人は全く知りません。千秋が家出しないで済むよう、のだめなりに気を遣って不在にしていることにも多分気づいていないでしょう。

そんな千秋は相当重症な電池切れみたいです。自分から冷たくしたり、出て行ったりした手前、またのだめも大事な時期だと深読みして、寂しいと言えないんですね。昔帰ってこない父を待っていたこの家で、帰って来ないのだめを待つのが耐え切れなくなっています。

黙って待つだけじゃなく、一言顔が見たい、声が聞きたいと言ってみたら良いのに!とつい突込みたくなります。タイミングが悪いといえばそれまでなのですが、お互い相手を気遣って我慢しているところが切ないです。

今回の小ネタ!

千秋ファンには大ネタですが(笑)サービスシーン大賞は最高の寝相で決まりですね。横向きでおヘソだけ見せるというポーズはなかなかすごい。ぱんちらも(ぼそっ)。ネビルさんも。(さらにぼそっ)これは二ノ宮さん独特のバランス感覚?
持ち前の世話焼き気質で小間使いをさせれた千秋の姿を見て「うちの常任にあんなことさせるな!!」とテオに怒ったシモンさんの男気にしびれます。でも人前じゃなきゃ良いのかも?(笑)
ドラマ好きならやっぱり記憶に新しい「北海道熊肉フレーク」でしょう。千秋の密かな好物かもしれませんよ。(爆)

第一発見者はまたもや黒木くん?

洗ってないシャツ・アイロンの刑にあう千秋を目撃する黒木くんはポール以外の団員とも仲良くなったようです。その後ネビル氏指揮の演奏を聴いて、自分でなくてもこのオケが鳴らせるんだとローギアに入りつつある千秋を発見したのも黒木でした。それにしても千秋が落ち込む現場に居合わせる率が高いくろきんです。

ゲネプロやリハではくろきんお約束のチェックのシャツに下のTシャツを覗かせて、本番でのフォーマルとのコントラストが効いて良いですね。本番後に千秋を見つけるシーンでは、蝶ネクタイでちょっと子供っぽく見えるところも可愛いです♪

耐えられなくなった千秋が踏み出す一歩は?

クラシックライフはまたもや千秋雅之の特集で、雑誌はまたもやゴミ箱行き。「なんでオレは またここにいるんだろう――」千秋に重くのしかかるのはまたもや父。何らかの形で父を乗り越えないと過去に縛られたままのようです。

久しぶりのリハ、前回の失敗の気まずさで双方気が重かったのですが、ノエミ姉さんが始めたドンドンで一気に雰囲気が和らぎました。オケの仲間とは語らなくとも信頼関係を築きつつあるのが、千秋らしいですね。千秋はマルレを自分の居場所と定め、コンマスの夢を自分の目標にしつつあるようです。そういえば足踏みドンドンは押コンで失敗したくろきんがピンクのモーツアルトを演奏する前にR☆Sがやって勇気付けられましたっけ。これももうすぐテレビで見れそうですが、こんなところでも連動なんでしょうか?(考えすぎ)

部屋を出るという千秋のメールに「えー!」と驚いたのは征子さんだけでなく、読者のみんなも同じだと思いますが。それだけで良いのか?常にお隣さん、時々恋人という距離感を変えることで二人の関係はどうなるのか?そしてこの事がのだめをどう成長させるのか?何かが始まる予感満々の次号に期待です!

さーて、次回の黒木君は?

今回久しぶりに元気な姿(特にフォーマル!)を見たのでかなり満足してます。(笑)リハはネチこく続きそうですが、細かくは描かなと思うので、オケではモブで見るくらいでしょうか?

今後はのだめの成長がクローズアップされると思うので、リハの無いときはコンヴァトに行ってのだめとからんで欲しいなと思ってます。(何しに行くんだ;)

次回の大穴予想:くろきんが千秋雅之との間を取り持つ。(多分ありえない)



関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/41-8783b110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。