のだめカンタービレ Lesson101 感想

ここでは、「のだめカンタービレ Lesson101 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貧血でふらつきながらも、冷え込みの厳しい早朝からコンビニにKissをゲットしに行ったおばかな管理人です。(^^;

3件目でようやく見つけた本誌は、なんだかいつもと違う感じ。公式サイトで所長がプロットを一度破り捨てたと言っていたこの回、その違いがうまく言葉に表せないのは頭が回らないせいばかりでは無いようです。

いつも以上に結論の無い感想ですが、よろしければどうぞ。
今回の裏テーマはにわとり?

という訳では無いでしょうが、^^;鳥つながりはありそう。前回はペアの鳩でしたが、今回はにわとりが1羽。クールに歩き去ろうとする飛べない鳥を、のだめは捕まえることができるのでしょうか?

マンドラゴール(マンドレイク)といえば

最近ではハリーポッターなのでしょうが、私の頭に浮かぶのは世界史の教科書に載っていたマンドレイク古い想像図。おどろおどろしくて、目が離せませんでした。シェークスピアの台詞にも登場する不良長寿の薬とも媚薬の原料とも言われるこの植物を手に入れたら、夢の中とはいえ、のだめはどんな魔法を使うのでしょう。

Tristan Murailはコンヴァト出身の現役の作曲家で、教えていた事もあるそうです。現代曲の課題?でマンドラゴールについて勉強しながら眠ってしまい、ごろ太のメンバーとともにオクレル先生までちょいセクシーな姿で登場。アパルトマンを連想させる螺旋階段と満月がシンボリックに提示されます。

どーすんだ!?

試乗もせずに車を買った千秋はお部屋も即決。さすがにお金持ちは違います。ペット可と言われてのだめを連想しながらも、ペットはいないと即答する千秋は一人住まいを決めたようです。最後まで大事なことをのだめに言えない所もいつもの千秋です。

一方のだめはステップアップを決めてようやく千秋に会いに行くことに。表紙のにわとりとはちがいますが、鳥の丸焼きを自分へのご褒美にお買い上げ。

ようやく千秋の部屋にやって来たのだめは調律師の口から引越しを聞かされます。自分から会うのを避けていたのだめは、嫌われてしまったと大ショック。

と惑わせおいて、あっさりまとめきる

読者を翻弄するパラレル会話を交わしながら、お互いの気持ちは離れていないことを確認する二人。普通のラブシーンにありがちな台詞や場面は全て端折られ、微妙な沈黙のあと調律師さんのノクターンだけがBGMに響きます。大人はピアノが鳴るまでの間と千秋の様子とシャツの異変に何かを想像するかもしれませんが、ここでは上品にスルーします。(微笑)夕飯時の二人は一転して緊張感が無いので、お互い充電が完了した証と解釈しています。^^

ところで千秋は言葉の端々で気持ちは変わっていない事を伝えますが、無意識では何かを変えたいとも思っているようですね。あくまで憶測ですが、のだめが分かっていて会いに来なかったと言う部分は、昔の父と重なるのかもしれません。

それにしても変態対常識人のバトルはお約束なのか、所長の照れ隠しなのか。(^^;。のだめに普通の付き合いを望む千秋は完敗間違いなしですね。

今回のトリは千秋母

お掃除タイムには三角巾をかぶるなんて、今どき千秋くらいなものですが、妙に似合いますね。一度割烹着も着て欲しいくらいです。(笑)

待っていましたと登場した征子さん。父や家族についての展開は手堅い予想ですが、ぜひアオリ通り読者の心の叫びを代表して一言言ってやって欲しいですね。

言葉にならない叫び

今回は演奏シーンも調律師さんだけでしたし、今までに無く音楽から離れた展開でしたね。パリ編・レギュラー陣が一人も出なかったのも初めてではないでしょうか。ラブでもお互いの思いの深さやズレ加減がギャグになってしまい、分かりにくいし。もうひと公演が終わり、引越しが完了したら千秋はどうするのでしょう。

でも、そんな表層的な部分だけではなく、なんとなく流れが違う気がするのは、物語がもうひとつの山場に向かっているからなのでしょうか。
次回予告にもヒントはないし、またまたストレスフルな2週間を過ごすことになりそうです。

次回の大穴予想

ランベール夫人のサロンに千秋父が現れ、のだめが弟子入りを申し込む。千秋の隣にはもちろん黒木くん。(そこかい)


関連タグ : のだめ, Kiss,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/11(月) 00:06 | | #[ 編集]
T様、
始めまして!コメントありがとうございます。
Tさんもくろきんファンなんですね!見つけて頂き嬉しいです。^^
自分でもへ理屈っぽいなと思うので、知的なんて言われたら木に登っちゃいますよ。(^^;もちろん黒い木、なんてね。(爆)

偏ったブログですが、宜しければまたお立ち寄りください!
是非そちらにも遊びに行きたいので、ご連絡くださいませ。
2006/12/10(日) 18:18 | URL | ろめいんれたす #VWFaYlLU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/10(日) 14:42 | | #[ 編集]
Kさん、あんなへたれ感想をお褒め頂きありがとうございました!多分そうだと思ってましたが、^^同じように感じてもらい嬉しいです。

二人がくっついて素直に喜んでいるファンも多いと思うので、ナナメ読み派としてはこの違和感をどう消化したものか困りました。自分の関心である「音楽を中心とした成長物語」が見えない展開でしたから。

Kさんのおっしゃる通り、「ちゃんと話そう」で千秋やるじゃん、と思ったのに、その後ちゃんと話してないやん!のだめは妙にあっさり受け入れますが、読者としては全然わかりません!と叫びたい。(笑)

そうそう、変態キャラは取ってつけたようでしたね。(笑)「Ruiと子ヤギとかぶりつき」を思い出してしまいました。あの時もかなり引いた。^^;

所長はクリスマスの時もぼへキスの時もいろいろすっ飛ばして、読者は悶絶しましたが、あっさりまとめられちゃいました。次回は我々の予想を超えてどこか違う所に連れて行ってくれると期待します!

あと1回のあとは2回休みらしいので、この気持ちを落ち着つけてください。たのんます、ショチョ~!(爆)
2006/12/10(日) 10:23 | URL | ろめいんれたす #VWFaYlLU[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/10(日) 02:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/44-4c58bd68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。