のだめカンタービレ Lesson 102 感想

ここでは、「のだめカンタービレ Lesson 102 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレ Lesson 102感想

遅くなりましたが、久しぶりのメンバーが揃ったLesson 102、感想行ってみます。
今更なので、詳細ネタバレはありませんが、宜しければどうぞ。
征子ママ、調査開始

千秋の長い言い訳メールに納得できなかったのか、征子ママが聞き込みを開始。のだめとの仲が原因で引っ越すことになったのかと疑っているようです。とは言え、千秋が正直に話すとも思っていないあたり、息子のことは良く理解しているようですね。

フランク、室内楽に流され中
久々にフランクがメインで出てきました。最近伴奏者として大モテのようで、彼の実力が伺えます。唯一?校内でRuiと出くわしているフランクは、今度はオクレル先生との会話を目撃。Ruiは先生に教えてもらう為リサーチとアタックを重ね、チョコの付け届けで特別レッスンを受けることに成功したようです。それに引き換え自分は流されているのではと焦りはつのります。

夢から覚めた眠り姫

キャラブックでは登場していましたが、所長の忘れ物?と危ぶまれていた眠り姫。(笑)その存在を学生は全く知らなかったようですが、マダムの電話にテルミンと新しい作曲を持って登場。ミーハーと変態が多いこのアパルトマンに新しい個性をもたらしましたね。今までの出てきてない作曲科の学生でもあり、これでキャラは出揃った感がありますね。

フランクの本領発揮

ホラーっぽいながら、ヤドヴィガとフランクの息はぴったりだったようで、ちらりと見せた笑顔が可愛い。テルミン、大好きなんだなというフランクの言葉がすんなり落ちます。人と演奏してただ一つの音楽を作り上げる瞬間。こんな経験を積んでいるフランクが一番聴かせる演奏をすると言うのはうなづけます。

千秋の成長?

征子ママと共にフランクの良さを的確に把握している千秋、さすが違いの分かる親子です。さりげなくコンクールに出ることだけが成功へのステップじゃないと伝える千秋、プロだけあり大人だなと思いました。テオを呼び出す手口も師匠仕込?で様になってますし。それでも携帯を忘れてしまうくだりは、まだまだ危なっかしい部分の描写ではないでしょうか。
大事なものから自ら距離を置いてしまう千秋、そこが雅之に似ているとムッシュが指摘します。それで苦しむのはのだめじゃなくて千秋のほうではないかとも。父子はどこが似ているのか、これから明らかになると期待します。

征子ママの思い

離れていても大丈夫だなんて、甘いわよというママの表情の暗さといったら。。身に覚えがあるんでしょうね。雅之と離れた時もそうだったのでしょうか?
そして征子さんはのだめを単なる彼女とは思っていないようです。飛行機恐怖症を治してくれ、才能と努力至上主義だった千秋に欠けていた部分を補完してくれたのだめのだめは千秋の成長にとって特別という意味で天使と言ったのでしょうか?千秋はピンと来ていないようですが。。

個人的にはまった小ネタ

Ruiの手打ちチョコってどんなんでしょ?そば状のチョコ?うーん、奥が深い。

征子ママと再会したのだめは「お義母様!」と一言。さらりと言ってたので、スルーするところでした。この一言でのだめの現状確認は終了かも。(笑)

お風呂ネタ。お約束ですが、久しぶりですね。ドラマで再燃したのかしら?
ドラマの影響で、千秋の白目が玉木君に見えてしまい、しょうがありません。。(笑)

次回の大穴予想

千秋の新しい部屋の隣は黒木。建物が全然違うから、じゃあ、隣の建物。く、苦しい。。(爆)

これで2号休み、次は2月中旬ですか。はぁ。
次はのだめのサロンコンサートがポイントになる予感。千秋の公演もあるし。どちらかで親子3人が揃うのか?これからの所長マジックに目が離せません。

関連タグ : のだめ, Kiss, 黒木,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/51-5112b28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。