のだめカンタービレKiss Lesson105 感想

ここでは、「のだめカンタービレKiss Lesson105 感想」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレKiss Lesson105 感想

出張用意の途中にゲットしてきたKiss本誌。今度こそサロンコンサートですね!
扉の真一君はカフリンクスをつけておめかし中?

本当はもう少し細かく分析したいところですが、準備に戻らなきゃならないのでさらりと行って見ます。ページ数が少ない割に盛り沢山だった今回。コミックス派ではない方、宜しければどうぞ。
マエストロ・リッピ、急逝の報
今まで登場していない人ですから、これは何かの伏線に違いないですよね。シュトレーゼマンの白い灰寸前な様子にこれ以上ないほどショックを受けていることが分かります。ライバルの死を悼むよりわが身の先を思ってのことの様ですが。エリーゼの持ってきたマーメイドジュースはいかにもまずそうで、こんなものを飲んで長生きに努力しているシュトレーゼマンの哀愁が更に倍増します。

なにげに日本編メンバー登場!
待ってました!久し振りに見る皆様が変わってなくて嬉しいです!
皆が悼むマエストロはやはり偉大な方だったのでしょう。メンバーと一緒にご冥福をお祈りします。
峰はパパつき@裏件という、ひとコマで二度美味しいショットですよね。(笑)
真澄ちゃんはオケでのリハ中でしょうか。頬に手を当てたポーズがらしいです。
ハリセンは正しくなんまんだぶとご冥福を祈っています。
菊池はヘッドホンが標準装備のようです。抱きついている彼女はちょっと妖精さん似。
清良は会いかわらずきりっとしてますね。髪伸びた?
マツーダは考え込みながらも、きっとライバル一名減、オレの順位一つ繰り上がりなんて思ってるのに違いありません。
そしてトリは黒木くん!日本編メンバーだけかと思っていたので、ちらりとでも出てくれて嬉しい!巨匠の指揮で演奏したかったんだというのが伏せたまなざしから見て取れます。

Ruiとの共演確定
千秋が優勝した指揮コンでパートナーだったウィルトールを率いて、デビューコンサートで好評だったRuiとの共演、断るわけがありません。千秋もRuiもこのコンサートで真価が問われるのではないかと思います。
デビューの時、千秋はシュトレーゼマンの代役で、失うものは何もない状態。また場所は中国、Ruiの出身地でした。意地悪く考えると好評で当たり前なのかもしれません。今回はシュトレーゼマンの解釈ではなく、千秋自身の解釈で元ボロオケのマルレじゃなくて、定評のあるウィルトールを指揮するわけですよね。Ruiも上海はホームゲームだとしたら、パリはアウェー。ここのお客さんを満足させることができればNYでの批評を乗り越えることができるはずです。

そしてもうすぐ開幕・・のはずですが
ファスナーが上がらないのは夏のサン・マロを思い出させますね。よい予感。そして遅刻は千秋のリサイタルの時のようです。悪い予感。どちらが当たるか全く分からないのが所長らしい展開です。
のだめはこの日のために頑張って来たわけですが、これで成功しないと後がないのだめは果たしてどうなるんでしょうか?鏡にうつる表情ははっきりせず、自信があるのか、焦っているのか相変わらず見えません。こんな部分、所長らしくて好きです。

満員バスでの感動の再会
このための伏線でしたか。ヴィエラ先生の話題がちらほら出ていましたが、サロンではなくてバスで感動の再会があるとは!そして乗客を掻き分けて抱きついて来たのはヴィエラ先生の方。自分だけが会いたかったわけじゃないんだ。背中に回った千秋の手がそう言っているように見えました。

今回の小ネタ
ダントツ一位はXXX風メイクでしょう。(爆)
時点は死にそうな顔のミルヒの金魚柄パジャマですね。アンバランスさがグッドです。
ヴィエラ先生の「ぱ る どーん」は周りに大迷惑だったでしょうね。
千秋の契約内容がデシャンとR管以外というのは、誰が決めたんでしょう?同じくらいのレベルだからなんですかね?
ランベール家の執事さんはファスナーを上げたり、メイク落としに蒸しタオルまで用意してとかいがいしいです。一家に一台?いると便利ですね。

今週の黒木くん
右目と左目がちょっと違ってようと、一人で寒い思いをさせられようと、出てくれただけで嬉しいです。急逝の報を知ったとき彼だけ外にいるようですが、どこでニュースを知ったんでしょう?まさかテレビ持ってなくて街頭テレビとか(死語)?うー、ちょっと気になる。(そこかい)
次回はサロンコンサートなので出ない可能性大ですが、そこを何とかお願いします。。^^

次回の大穴予想
千秋とヴィエラ先生はサロンコンサートに間に合わない。
一方コンサート直前にオクレール先生と雅之氏が仲良さげに談笑しているところを見てしまい、力が入りすぎてのだめはピンチに。
その後、場面はヴィエラ先生がリッピ氏の代振りをするパリ公演。ミルヒもやって来て楽屋で人波乱。

あーん、黒木くんが出てくる展開が思いつかない。。
その上さらりと行くはずがまた長くなってしまった。反省。

関連タグ : のだめ, 黒木, Kiss,

コメント
この記事へのコメント
はーもにー♪様

妄想たっぷりの記事をしっかり読み込んで頂きありがとうございました。^^ ちょっとすねたように目を伏せたくろきんに哀愁を感じてしまい、良いように解釈してしまいました。。(^^;

ご指摘通り、思惑は何であれ、プロしてRuiとの仕事を受ける千秋と、先輩をギャボンと言わせたいのだめのアマっぽいスタンスのコントラストは明らかですよね。私にはとにかくこのチャンスをものにするしかない、と割り切って欲しいですよね。大穴予想で、千秋が間に合わないと書いたのは、千秋の為じゃなくて自分と目の前のお客さんの為に頑張って欲しかったんです。ピアノで食べて行くんだという強い信念がなくては絶対プロにはなれないので、ここがのだめの正念場ではないかと。。。(^^;

あ、それからヴィエラ先生もサロンコンサートの向かってるのだと勝手に思いこんでいましたが、はーもにー♪さんの言うようにリハかも知れません。そう言えば急な代振りだし、ランベールさんも呼ぶ暇が無かっただろうし、急な仕事だったらサロンに行く余裕もないかもしれませんね。

サロンには誰が集まるか解りませんが、なんとなく大物煉瓦集まるような気がします。そして、次の展開への橋渡しをしてくれるような気がします。うーん、次が楽しみ!

それでは又遊びにいらしてくださいね。

2007/03/13(火) 00:14 | URL | ろめいんれたす #VWFaYlLU[ 編集]
さすが、ろめいんれたす様!
「巨匠の指揮で演奏したかったんだというのが伏せたまなざしから見て取れます。 」
たった一コマで、そこまで黒木くんの心情を読み取るとは!^m^

真一くんとRuiちゃんの共演、決まりましたね♪
真一くんが、即答でRuiちゃんの申し出を受けたとき、「えらい!やっぱ、あんたはプロだよ!自分のやりたい事や、やらなきゃいけない事が良く分かってる」とイイコ、イイコしてあげたくなりました^m^(もしかしてRuiちゃんとゴールデンペアっていわれちゃうかもしれませんが^^;)
それに比べて、のだめちゃん、あいかわらず、「千秋先輩をギャボンと言わせてあげたいんですよ」って…なんだか、ちょっとガッカリ。
あんたは真一くんのためにピアノ弾くの?ってゆさぶってやりたくなります。真一君が遅刻したら、気持ちが萎えちゃって、また気分次第の「ベーベちゃん」の演奏になっちゃうんでしょうかね?
学生であろうと、わずかな謝礼であろうと、依頼されて謝礼を受け取って演奏するからには、すでにプロの筈なのに…
のだめちゃんが「もちろんサロンの人たちにも…」て言ったセリフを信じたいけど…はやく「何があっても、私にはピアノがある!」って一本筋の通ったピアニストになってくれないものか…気を揉んでしまいますよ^^;

ヴィエラ先生、サロンコンサートに行くのかな?…私はてっきり代振りの決まった演奏会関係のお仕事かと思ってたいたのですが…サロンコンサートに行くなら、のだめちゃんを気に入って、共演してくれたらいいなぁ…(*^。^*)…妄想中…

ではでは、ろめいんれたす様、ご無事の出張を!
2007/03/11(日) 21:42 | URL | はーもに~♪ #sZuhNn5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/82-47191bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。