暑い国からサラマッ・パギ&サワッディー・カ!

ここでは、「暑い国からサラマッ・パギ&サワッディー・カ!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤道近辺の出張を無事終了して帰国しました。^^
帰ってきたら桜が咲いてるかしら?なんて思っていたら。東京は初雪が降ったそうですね。。暖冬だから3月中旬に雪が降るんじゃないと無責任に言ってましたが、本当になってしまいました。(^^;

任務完了、エスニック料理も満喫して大満足でしたが、帰国したとたん30度の気温差、胃腸の疲れ、寝不足等でぐったりしてしまいました。今日は家に引きこもりおかゆを食べて調整中。と、言うか南国体質なので、単純に寒いのが苦手なんです。(笑)

今回は3カ国にそれぞれ約一日半滞在という日程な上、危ないからとほぼ軟禁状態。。海外では街歩きするのが一番の楽しみなだったので、代わりに車に乗っては見える景色をヒントに周りの人を質問攻めに合わせ、呆れられたみたいです。その上ご飯だけはほぼ完食。まるで子供ですね。(笑)そんな出張でしたが、宜しければ続きをどうぞ。


bankok.jpg

訪問したのはペナン、ジャカルタ、バンコクの3都市。もちろん観光の暇はなく、買い物もできませんでしたが、アセアンの雰囲気はたっぷり味わうことができました。最終日のバンコクでようやく監視の目を盗んで(笑)写真を撮りましたが、他の都市も楽しめましたよ。

ペナンはマレーシアの中でも華僑の割合が多く、町の中も中国語の看板が沢山ありました。10時にはレストランも閉まってしまうという、健全な(?)街です。インド系、中華系、マレー系が集まるとマレー語ではなくて英語で話しており、多民族、多文化な国ならではです。ここで一番美味しかったのは街の中華料理屋で出て来たフィッシュヘッドカレー。真っ赤なソースはさらさらして辛さは抑え目。大きな頭から魚のうまみがしっかり出ていてご飯に合います。こちらでは韓国の参鶏湯みたいな鳥の薬膳料理もあり、店構えに似合わず国際色豊かでした。

ジャカルタでは海鮮中華。海老やカニの海鮮ももちろんでしたが、鹿の肉料理が美味しかったです。ここでの一番の思い出は、同僚に朝食を誘う電話をかけたら、なんとドアが開かないアクシデントが発生していたこと。ドアをはさんで携帯でやり取りして、確認し鍵が壊れているらしいことが判明。フロントに連絡し、隣にある私の部屋のドアを見せながら説明して、日本人も多く利用するホテルだったせいか、当地にしては早めに工具を携えたスタッフが到着。その瞬間パタッとドアが開き、同僚のエンジニアがスプーン2本を見せながらにやりと笑って「脱出成功」。空港への出発まで一時間あったので朝ごはんもしっかり食べましたが、直前に閉じ込められたら大変でした。そして壊れたのが私のほうのドアだったらと思うと。。(汗;)

バンコクはお仕事とプライベートを合わせて4,5回目の訪問。ムスリムの国よりは緊張感が少なくて済み(トイレとかも。。)最終訪問地と言うこともあり、ややリラックスできました。素敵なイタリアンにも招待頂いたのですが、やはり印象深いのはタイスキ。日本にも支店があるコカレストランには何度も行っていますが、今回も美味しくいただきました。いろんな野菜と海鮮団子を平らげた後は緑色のつるりとした麺と雑炊で仕上げます。ウェイトレスさんがニコニコ持ってきた今日のお勧めデザートは相場の3倍だったので即却下。日本人は値段を確認しないだろうと、高いものを勧められます。気をつけましょう。(^^;

bkroom.jpg



今回の出張では訳あってD社とSB社の携帯とブロードバンド対応PCを持って行ったのでネット環境は万全。今までの海外出張や旅行では最もアクセス上のトラブルは少なかったです。バンコクの空港ではSBは圏外で、Dはサクサク通じたり、ジャカルタのホテルでは逆だったり通信状態には差がありました。あまりアクセスする時間はありませんでしたが、海外でiモードやyahoo!モバイルが使えるのは不思議なものですね。

出張する時は必ず「今日は」と「ありがとう」だけは覚えて行くのですが、そんな挨拶だけでもローカルの方が喜んでくれるのは嬉しいです。帰国後、アセアンセンターの子供向けウェブサイトで各国の挨拶を教えるページを発見。次回はもう少し出発前に勉強して行こうと思います。

http://www.asean.or.jp/kids/game/kotoba/ibunka.swf


lotus.jpg

コメント
この記事へのコメント
nomomaniaさん、

この地域はお詳しかったんですね。^^
トムヤンクンやパッタイなども馴染みがありそうですね。
微笑みの国と言われるように、タイの人ににこっとされると嬉しくなります。

インドネシア語とマレー語は6割重なっているらしく、おはよう(サラマッ・パギ)は同じでもこんにちははちょっと(サラマッのあと)が違うそうです。国の印象も似ていながら違いました。
2007/03/18(日) 11:46 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
出張お疲れ様でした。やはり街は歩きたいですよね。

私は、香港時代に営業テリトリーのバンコクに年数回出張していたため、サワッディー・カには馴染みがありますが、マレーシアとインドネシアはシンガポール拠点のテリトリ-だったので行く機会がなく、サラマッ・パギは知りませんでした。

色んな言葉で挨拶ができるようになるのは楽しいですね。
2007/03/18(日) 11:31 | URL | nomomania #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/83-12b5178b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。