宮本文昭ファイナルコンサート1:終わりはすぐそこ

ここでは、「宮本文昭ファイナルコンサート1:終わりはすぐそこ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました!宮本さんの引退日(3/31)目前の追加公演。東京文化会館は2300人収容とのことですが連日満員御礼だそうです。コンサートと言うより花見の帰りの音楽イベントという雰囲気が漂う上野公園でした。(^^;土地柄か、宮本さんの人柄か、(笑)サントリーホールなどと比べると下町のおばちゃん率と普通のサラリーマン率が高かったです。

入り口ではパンフレットと一緒に大入りシールまで配られ、最後だから好きにやらせてもらうぞという意欲が満々に伝わります。MCで「本当に最後だから吹きまくる」という宣言の通り、曲の合間もMCで盛り上げ、息つく間もないコンサートでした。前の日は3時間半かかったと聞きましたが、今回はなんと4時間!全く手を抜かずに吹ききった宮本さんはさすがでしたが、聴いた方も疲れたので今夜はさわりだけ。。
ってか、プログラムだけでも長いんですが。(笑)


sticker.jpg

ファイナルコンサートシリーズの前半にも聴きに行きましたが、振り返ればその頃はまだ終わりの始まりでした。今回は本当の最後がすぐそこにあるせいか、やめる理由を語るMCにも力が入っていました。とは言え、自称オーボエ漫談家の宮本さん、辞める理由である「衰える前の音で人々の記憶に残りたい」は新庄の真似かと言われるが、自分のほうが先に引退宣言をしたのにとすねて見せます。一見派手に見える彼ですが、影の努力においても新庄に負けていません。

この一年間は今までにないほどのコンサートをこなし、自分に重い荷を課した宮本さん。顔はややお疲れ、声もがらがら、その上花粉症にも悩まされているなか、ゲネプロでもほぼ全部吹いて自分の限界に挑戦する姿はゲストのアーチストに「ドMですね」と評されておりました。(爆)

演奏はと言うとベルベットと・トーンと評されるクリアで艶やかな音色は健在で、さまざま曲を吹いては、それぞれの世界に連れて行ってくれる音楽観は見事です。今回はいろんなゲストも加わり、「宮本ワールドの原材料」が理解できたような気がします。

良い意味での生前葬のようだったラストシリーズ。指揮を含めた音楽家として再生する前提で演奏家の自分に明るく別れを告げようとする宮本氏の目撃者あるいは共犯者のような気分でした。

詳しい感想はまた後日アップしますが、今夜のところは叫びまで。

宮本さ~ん!最後の生演奏を聴かせてくれて本当にありがとう!
あなたの音はずっと記憶に残ります!」

<第1部>宮本文昭 ~男の花道~
塩入俊哉 (キーボード/アレンジ)/竹下欣伸 (ベース)/菅原裕紀 (パーカッション)/遠山哲朗 (ギター) /宮本笑里(ヴァイオリン)
オーボエソナタ(ドニゼッティ)
*夢のあとに(フォーレ)
*白鳥(サン・サーンス)
*朝の祈り
*あすかのテーマ・風笛
*ひまわり
*It might be you

<第2部>~ゲストを迎えて~

渡辺香津美 (ギター)/溝口肇 (チェロ)/中西俊博 (ヴァイオリン)/三宅一徳 (キーボード)/鳥山雄司 (ギター)

*午后のロマネスク
*メドレー ボサノバ オン G/回転木馬/My Favorite Things
*陽炎の丘/届かない子守唄(三宅一徳)
*シェルブールの雨傘/遠州つばめ返し(渡辺香津美)
*フラミンゴ/マジックマウンテン(中西俊博)
*Perfect days/世界の車窓から(溝口肇)
*蒼の薫り/世界遺産(鳥山雄司)

*アヴェマリア(カッチーニ)
*ブーレアンティーク(佐藤充彦)
*ボヘミアン・ダンス(ドビュッシー)

<アンコール>
*ヴェントス・ド・ブラジル
*The Aim & the End(宮本文昭)

関連タグ : オーボエ, 宮本,

コメント
この記事へのコメント
ひろこさん

はじめまして!
いろんな話題がごった煮のブログですが、読んで頂きありがとうございます。又遊びに来てくださいね。^^

nomomaniaさん

聴いたほうも疲れましたが、吹いたほうはすごかったです。
デビュー公演行かれるんですね。^^
第8代常任指揮者就任披露記念公演って、漢字ばかり。。(笑)

szellさん

ホントのファイナルは、満開の桜が散り行くような見事な最後でした!これほどの客席との一体感は初めての経験でした。クラシックの枠を超えた宮本さんならではですね。^^


2007/03/31(土) 12:38 | URL | ろめいん #VWFaYlLU[ 編集]
4時間は凄いですね。

プログラム自体が、ほぼ4時間近い構成なんですね。
最初から4時間のコンサートを企画するって、クラシックでは破格ですね。

心地よい疲れで、宮本ラストを堪能されたことともいます。
素敵なコンサート、良かったですね。(^^)
2007/03/30(金) 22:18 | URL | szell #-[ 編集]
4時間のコンサートですか!!!
よく集中力が続きましたね。お疲れ様でした。

私は、4月に「ラスト」ではなく「デビュー」を聴きに行きます。読響常任指揮者就任披露記念公演です。
2007/03/30(金) 21:31 | URL | nomomania #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://intermissionbyromain.blog76.fc2.com/tb.php/86-3b621fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。